CPHD-screenshot

カリフォルニア州公衆保健局のカンナビス利用に関するビデオが秀逸

07/20/2018
2018年1月から娯楽用大麻の使用が認められるようになったカリフォルニア州。州の公衆保健局がUPしているビデオがよくできているので紹介しよう。
ビデオは約1分の長さでやって良いこと悪いことがわかりやすく説明されています。

簡単に内容を説明すると
・カリフォルニアでは21歳以上であればカンナビスを買うこと、栽培することができます(1日の購入量、株数制限あり)。
・カリフォルニア州の外にカンナビスを所持したまま州外には出れません。
・公園などのパブリックスペース、国立公園など連邦政府の管轄地では違法です。
・住んでいる家によっては貸主の意向によっては使用できない場合があります。
・街や郡、雇用されている会社によっては規則によって使用が禁止されている場合があります。
・妊娠中や授乳中のカンナビス摂取は胎児、乳幼児に悪影響を及ぼす可能性があります。
・子供に摂取させると長期間に渡って脳への影響があり得ます。
・あくまで自己責任で使用しましょう。
・子供やペットが見られたり、触れられたりしないような場所に保管しましょう。
・ひと昔前のカンナビスより最近のカンナビスは効果が強くなってるので使用量に気をつけて。
・特にカンナビスを含む食品の摂取は何時間も効き続ける可能性があります。
・カンナビス摂取の影響がある中での運転は絶対ダメですよ。
・DUI(薬物影響下での運転容疑)で逮捕される可能性があります。

日本の「ダメ!絶対だめ!」という見地からだとびっくりしてしまう内容ですね。

カリフォルニア公衆保健局
https://www.cdph.ca.gov/Programs/DO/letstalkcannabis/Pages/LetsTalkCannabis.aspx

関連記事

大麻薬局のアップルストア、メッドメンが2019年第2四半期決算を発表... 03/01/2019 大麻のディスペンサリー事業を展開するメッドメン(MedMen Enterprises Inc, CSE: MMEN, OTCQX: MMNFF)が2018年12月末に締めた2019年第2四半期決算を発表した。 <2019年第2四半期決算ハイライト> ・...
サニーバは2019年度の売上予測を60億円と発表... 02/14/2019 サニーバ(Sunniva Inc, CSE:SNN, OTCQB:SNNVF)はカリフォルニアのディスペンサリーからの4.4億円のオーダーを確保し、2019年最初4ヶ月で約13億円の売上を計上することとなる。サニーバでは第2四半期以降も引き続き同様の売上が拡大すると見ている。...
クレスコ・ラボがカリフォルニアのオリジンハウスを1200億円で買収... 04/02/2019 イリノイ州・シカゴを本拠地とするクレスコ・ラボ(Cresco Labs Inc, CSE:CL, OTCQX:CRLBF)はオリジンハウス(=カンナロイヤリティ,Origin House, CSE:OH, OTCQX:ORHOF)の発行済全株式を取得したことを明らかにした。 ...
カリフォルニアのプラス・プロダクツがCSE上場... 10/29/2018 カリフォルニアを拠点にするプラス・プロダクツ(Plus Products Inc, CSE: PLUS)はカナダ証券取引場(CSE)に上場し、約17億円を調達した。 今回のIPOはPIファイナンシャル・コープやカナコード・ジニュイティ、ヘイウッド・セキュリティーズなどをシン...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です