Aphria CCC

エフィリアが2019年第4四半期と年間決算を報告。売り上げは前期から75%UP

08/01/2019
垂直統合型大麻企業のエフィリア(Aphria Inc, TSX:APHA, NYSE: APHA)は、好決算となった2019年5月末に締めた第4四半期と年間決算を報告した。

<決算ハイライト>
・第4四半期の純売上高は106億円(C$128.6M)で、前四半期から75%、前年同期から969%増加。

・第4四半期の娯楽使用大麻の売上は15.3億円(C$18.5M)で、前四半期から158%増加。

・第4四半期の売上利益は13億円(C$15.8M)、調整後EBITDAは1650万円(C$0.2M)。

・第4四半期の大麻事業からの調整後EBITDAは1.6億円(C$1.9M)。

・総額276.3億円(C$335M)となる転換社債を発行し資金調達。

・今後カナダ国内外での成長を後押しする、471億円(C$571M)の現金、現金同等物および流動性のある有価証券を含む、優良で流動性のあるバランスシートで四半期を終了。

・買収提案のあったグリーン・グロース・ブランズ(Green Growth Brands)から、41,3億円(C$50M)の現金を受領、11月にはさらに32.2億円(C$39M)を受領予定。

・栽培施設エフィリア・ワン(Aphria One)の新たな拡大エリアに20万株以上の大麻を栽培。

・すべての施設が完全に認可されると、年間生産能力は255,000kgに達する予定。

・ドイツの医療大麻供給入札プロセスで最大となる5ロットを落札。

・ドイツ連邦医療医薬品研究所によって承認された3種類の医療用大麻すべてを栽培する許可を得て、ドイツで唯一の認可製造業者となった。

・ドイツ市場向けにCBDベースの栄養補助食品製品ラインを発表。

・経営陣を強化。

<事業ハイライト>
・PAX EraデバイスおよびプラットフォームのPAX Eraブランドパートナーとして契約。

・エフィリアの子会社マリゴールド・プロジェクツ・ジャマイカ・リミテッド(Marigold Projects Jamaica Limited)は、ジャマイカのCannabis Licensing AuthorityからHerb Houseのライセンスを受け、ニュー・キングストン、ピーター・トッシュ・スクエアに最初の店舗をオープン。

<財務ハイライト>
・2019年5月31日に終了した3ヶ月間の売上高は、前期60.7億円(C$73.6M)、前年同期9.9億円(C$12M)に対し、106.1億円(C$128.6M)。

・当四半期の増収は、CCファーマ(CC Pharma)および他の大麻流通企業からの売上81.8億円(C$99.2M)と、大麻製造からの売上27.6億円(C$33.5M)によるもの。

・売上には、娯楽用大麻市場向けに販売された3,228kg相当量と医療用大麻売上高1,417kg相当量が含まれている。

・税控除前の医療用大麻(卸売りを除く)の平均小売販売価格は、前四半期の8.03カナダドルに対し、当四半期は1グラム当たり7.66カナダドルに減少。

・税控除前の娯楽用用大麻の平均販売価格は、前四半期の1グラム当たり5.14カナダドルに対し、当四半期はグラム当たり5.73カナダドルに上昇。

・第4四半期の調整後大麻売上総利益は12.5億円(C$15.2M)、調整後の大麻売上利益率は53.0%で、前四半期の調整後総利益率は49.5%で6.3億円(C$7.6M)だった。

・調整後粗利益率の増加は、主に当四半期の1グラム当たりの平均販売価格の上昇による。

・当四半期の販売費及び一般管理費は、前四半期の87.9億円(C$106.6M)から51.5億円(C$62.4M)に減少し、前年の18.6億円(C$22.6M)からは増加となった。

・2019年第4四半期の売上利益は13億円(C$15.8M)、1株当たり0.05カナダドルで、前年同期は89.3億円(C$108.2M)及び1株当たり0.43カナダドルの損失だった。

Source;
https://aphriainc.com/aphria-inc-announces-158-increase-in-adult-use-sales-and-profitable-fourth-quarter/

—————————
<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です