aurora and alcanna sign agreement

オーロラが今後の資金需要に備え637億円強の一括登録目論見書を提出

04/03/2019
カナダ・エドモントンに本拠地を置く垂直統合型大麻企業のオーロラ・カンナビス(Aurora Cannabis Inc, TSX:ACB, NYSE:ACB)は、今後の世界戦略の拡張やパートナーシップ構築のために、637.5億円(C$750M)分の一括登録目論見書を提出した。
今回の一括登録目論見書(Shelf Prospectus)では、25カ月間中に普通株式、債務証券、新株予約権、ユニット、ワラント、またはそれらの任意の組み合わせで637.5億円(C$750M)分の募集が認められる。期間中に有価証券を提供することを決定した場合、収益の使用を含む具体的な条件は、管轄であるカナダ証券規制当局に提出される一括目論見書の関連補足書に記載されるとのこと。

オーロラ・カンナビスのマイケル・シンガー会長は、
「差し迫っての資金需要はないものの、一括登録目論見書を提出するのは、長期的成長を見た場合、いつでも世界戦略を進めるためのパートナシップ構築や事業拡張に資金に柔軟に提供するためです。NYSEに上場以来、我々はアメリカの機関投資家や富豪のネルソン・ペルツ氏からの資金調達によって、今後のパートナーシップの開拓を行うことができています。成長スピードが著しいこのカンナビス業界において、今回の目論見書登録は我々が世界的に成長し利潤を産んでいく企業へと成長していくことを後押しすることでしょう。」
と述べている。

一括登録目論見書のコピーはhttps://www.sedar.comのSEDARにあり、登録声明のコピーはhttps://www.sec.govのEDGARにあります。

Source;
https://investor.auroramj.com/#

—————————
<<新刊発売のお知らせ>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、大麻産業の”今”が理解できる。
—————————

関連記事

激しい”売り-Sell Off-”にあうカンナビスセクター... 10/30/2018 ダウ、NASDAQ、S&Pも軒並み下げている株式相場だが、カンナビスセクターはその下げ以上に激しい”売り-Sell-Off-”に見舞われている。 マリファナインデックスの数字を見ても10月15日時点で350ドルだったものが本日は228ドルと約35%の下げとなっており、今年1...
大麻関連企業・先週のまとめ(9/24-28 2018)... 10/01/2018 『オーロラ・カンナビス、好調な決算結果を発表』 オーロラ・カンナビス(Aurora Cannabis Inc, TSX: ACB, OTCQB: ACBFF) 先週第4四半期と通期の決算結果を発表したオーロラ・カンナビス。コカコーラとの提携観測も流れたオーロラだったが...
大麻関連企業・先週のまとめ(9/17-21 2018)... 09/23/2018 『ティルレイ 一時$300のストップ高』 ティルレイ( Tilray, Inc, NASDAQ: TLRY) (9/17 始値$117.14--9/19 高値$300.00--9/21 終値$123.00) 先週頭に大きく高値を伸ばしたティルレイ。一時$300にも達した...
大麻・カンナビス企業/売上トップ50ー2019年4月... 04/30/2019 アメリカとカナダの証券取引所に上場されている大麻関連企業50社の四半期売上げをカンナビストック・ジェーピーで円換算しランキング掲載しております。 平成最後となる4月末での売上ランキングだが、上位企業の順位は細かな変動あるものの大きくそのメンツは変わっていないようだ。 ...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です