aurora and alcanna sign agreement

オーロラ・カンナビスがBC州とケベック州で屋外大麻栽培免許を取得

07/15/2019
垂直統合型大麻企業のオーロラ・カンナビス(Aurora Cannabis Inc, NYSE:ACB, TSX:ACB)は、カナダ保健省より2カ所の屋外大麻栽培許可を取得したことを発表した。
今回許諾されたケベック州とブリティッシュコロンビア州の屋外大麻栽培施設では、屋外栽培において高品位で安定した収穫量を得るための、リサーチ、新技術開発、遺伝子研究、知財開発などが行われる予定だ。オーロラは、今回の施設開発で、どのような気候環境下であっても持続的に高品位なカンナビスの栽培収穫が可能となる技術の確立を目指している。

新たに「オーロラ・バレー(Aurora Valley)」と呼ばれる西部の施設は、ブリティッシュコロンビア州ウェストウォルドに207エーカーの土地面積を誇り、東部の施設「オーロラ・オー(Aurora Eau)」はケベック州ラシェットに21,000スクエアフィートを誇り、ケベック州初となる屋外大麻栽培施設となる。オーロラ・バレーは間も無く大麻の栽培を開始し、オーロラ・オーはすでに育成段階に入っている。

2つの施設は、オーロラが2019年秋に向けて準備を進めている新しい「コモックス(Comox)」施設の拡張計画の一部である。「コモックス」は、21,000スクエアフィートの屋内栽培施設と10,500スクエアフィートの研究棟で構成されている。コモックスは、今後オーロラの進める屋内外栽培による大麻の研究改良や新種開発、新しい収穫方法などの研究開発拠点となる。

Source;
https://investor.auroramj.com/#

—————————
<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です