大麻REITのIIPRがクレスコラボとオハイオの大麻施設で長期契約

01/28/2020
NY証券取引市場に上場している大麻REITのイノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズ(Innovative Industrial Properties, Inc, NYSE:IIPR)は、オハイオ州にある約5万スクエアフィートの商業スペースを取得し、クレスコ・ラボの100%子会社との長期リース契約を締結した。
不動産取得金額は11.6億円($10.6M)で、現在操業しているクレスコ・ラボは引き続き施設改良を行い、その費用約2.1億円($1.9M)をIIPRが負担するため、合計したIIPRの投資金額は13.7億円($12.5M)となる。
2020年1月27日現在、IIPRはカリフォルニア州、アリゾナ州、フロリダ州、コロラド州、イリノイ州、メリーランド州、マサチューセッツ州、ミシガン州、ミネソタ州、ニューヨーク州、ネバダ州、ノースダコタ州、オハイオ州、ペンシルバニア州、バージニア州に合計48の賃貸可能不動産を所有しており、合計床面積は310万スクエアフィート(開発/再開発中の約85万スクエアフィートの賃貸可能な不動産含む)。そのうち98.9%はリース契約されており、加重平均残存リース期間は約15.6年となっている。IIPRの投下資本723.3億円($657.6M)に対して現在の平均利回りは、これらの48物件について約13.3%となっている。

Source;
http://investors.innovativeindustrialproperties.com/press-releases/2020/01-27-2020-225343361


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です