キャノピー・グロースが豪州の大麻企業オースカンの保有株式を売却

10/16/2019
垂直統合型大麻企業大手のキャノピー・グロース(Canopy Growth Corporation, TSX:WEED, NYSE:CGC)は、保有していたオーストラリアの大麻企業オースカン(AusCann Group Holdings)の株式42,087,639株を1株C$0.15で売却したことを発表した。この売却によりキャノピーはトータルで投資金額に対して13.2%利息利益を含む$5.2億円(C$6.3M)を受け取る。

キャノピーのマーク・ゼクリンCEOは、
「今後も引き続きオーストラリアの医療大麻市場は拡大すると考えており、オースカンのチームとは協力して、オーストラリアの患者様に高品位の大麻製品を供給してまいります。」
と述べている。

Source;
https://www.canopygrowth.com/investors/news-releases/canopy-growth-announces-sale-of-stake-in-auscann/

—————————
<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です