GQ-Pharma

大麻成分含有の抗てんかん薬「エピディオレックス」のGWファーマが決算発表

02/27/2019
FDA認可の抗てんかん薬「エピディオレックス(Epidiolex)」を製造販売するGWファーマシューティカルズ(GW Pharmaceuticals plc,NASDAQ:GWPH)は2018年12月末に締めた四半期決算の結果を報告した。

GWの最高経営責任者(CEO)であるジャスティン・ゴバー(Justin Gover)は、次のように述べています。
「エピディオレックスに対する医師と患者からの需要の高さに驚きつつ満足しております。また、米国での販売開始が第2四半期の途中から始まり、2018年末までの2か月で、続く2019年の本格的な販売開始に向けての必要な準備を行うことができました。新年に入っても処方の増加は我々が正しい戦略を採っていると信じられるものであり、今後も新しい治療法を必要とされる現場に導入してまいります。米国での発売に加えて、今後数ヶ月以内に欧州では、結節性硬化症コンプレックスでの第3相試験の結果、そしてパイプラインにおけるいくつか進捗を認可していただけることになるでしょう。」

<オペレーション・ハイライト>

「エピディオレックス」に関して:

・てんかんの中でも難病とされるドラベ症候群に有効とされたFDA認可のカンナビス含有治療薬「エピディオレックス」の売り上げは、11月1日から12月31日までで5.1億円。

・約4500人の新規患者が2ヶ月間の間にエピディオレックス治療に登録。

・500人以上の医者・施術者が上記2ヶ月間で処方箋を発行。

・処方箋の数は2019年1月は12月に比べて150%UPの伸び。

・需要の大半はてんかんを扱う大病院や高度医療施設からのものとのこと。

・取扱薬局の数は130箇所へ拡大。

・約900の医療プログラムが2019年第2四半期に製品を入手する予定。

・ヨーロッパでは現在EMAとCHMPのレビュー中。

・ヨーロッパの5カ国で2019年中に発売予定。

<ファイナンシャル・ハイライト>
・会計年度の改定→新年度は2019年1月1日からスタート

・売上は7.3億円($6.7M)となり前年同期の4.4億円($4M)から大幅UP。

・流動資産は前期の390億円($354.9M)から650.1億円($591.5)とこちらも大幅UP。

・純利益は前年同期のマイナス68億円($61.8M)からマイナス79.1億円($71.9M)とマイナスが拡大している。

Original Source;
http://ir.gwpharm.com/news-releases/news-release-details/gw-pharmaceuticals-plc-reports-financial-results-and-operational

関連記事

日本でも売買できる大麻関連株16銘柄 07/16/2018 (09/25/2018 追記) 現在Marijuanaindex.comに登録されている大麻関連株だけでも364銘柄あるのだが、今後市場が拡大するに連れてOTCからNASDAQやNYSEに株式上場する会社も出てくるだろう。 では現在、日本のネット証券で取引できる大麻関連株...
大麻関連企業・先週のまとめ(9/17-21 2018)... 09/23/2018 『ティルレイ 一時$300のストップ高』 ティルレイ( Tilray, Inc, NASDAQ: TLRY) (9/17 始値$117.14--9/19 高値$300.00--9/21 終値$123.00) 先週頭に大きく高値を伸ばしたティルレイ。一時$300にも達した...
大麻・カンナビス企業/売上トップ28ー2018年9月... 09/27/2018 ニュー・カンナビス・ベンチャー(New Cannabis Venture)は、アメリカとカナダの証券取引所に上場されている公開企業の9月25日時点・四半期売上げ上位27社を発表した。 カンナビストック・ジェーピーでは8月時点での発表ランキングの数字も合わせて28社とした。 ...
カンナビス企業/売上トップ24ー2018年8月... 09/01/2018 ニュー・カンナビス・ベンチャー(New Cannabis Venture)は、アメリカとカナダの証券取引所に上場されている公開企業の8月末時点・四半期売上げ上位24社を発表した。 カネックス・キャピタル(Cannex Capital, CSE:CNNX)とエリクシノ...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です