大麻不動産REITのIIPRが決算を発表

08/09/2021
大麻不動産REITのIIPRが2021年第2四半期(Q2)決算を発表した。

<ハイライト>
・当四半期の総売上高は約4,890万ドルで、前年同期比101%の増加となった。

・株主に帰属する当期純利益は約2,900万ドル(希薄化後1株当たり1.17ドル)、調整後営業利益は約4,300万ドル(希薄化後1株当たり1.64ドル)を計上した。

・2021年7月15日に、2021年6月30日時点で登録されている普通株主に対し、2020年第2四半期の配当金を約32%上回る1株当たり1.40ドルの四半期配当金を支払った。

・全国の格付機関から投資適格の格付を取得し、2026年5月に償還される5.50%の無担保シニア・ノート(無担保シニア・ノート)の3億ドルの第三者割当増資を完了。

・2021年4月1日から本日までに、イリノイ州、マサチューセッツ州、ミシガン州、ペンシルバニア州に所在する物件を5件取得し、フロリダ州とペンシルバニア州に所在する物件では、テナントの追加改善のために3件のリース変更を実施。

・これらの取引において、ソゾ・カンパニーズ・インクおよびテメスカル・ウェルネス・オブ・マサチューセッツLLCとの新規テナント関係を構築するとともに、4フロント・ベンチャーズ・コーポレーション、グリーン・ピーク・インダストリーズLLC(スカイミント)、ハーベスト・ヘルス&レクリエーション・インク、ジュシ・ホールディングス・インク、パラレルとの既存テナント関係を拡大。

・現金および現金同等物が約156.3百万ドル、短期投資が約649.4百万ドル、合計約805.7百万ドル。

・総資産に対する負債の割合は21%、総資産は約21億ドルで、担保付負債はない。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です