Canopy LATAM Chile

メディスンマンが第3四半期で売上5億円を達成

11/08/2018
大麻・カンナビス企業にブランディングのコンサルテーションなどを行っている在米のメディスンマン・テクノロジーズ(Medicine Man Technologies Inc, OTCQB: MDCL) は9月末に締めた第3四半期の結果を公表した。

・第3四半期の売上は約4.7億円となり前年同期から約400%の伸びとなった。

・四半期での販管費は約4.7千万円となり前年の約3千万円から拡大したが、これは単純にセールスボリュームが増大したためとのこと。

・運営コストは約1.9億円に拡大したが、この中の7千万円は株式報酬に関連するものだったとのこと。

・前年同期が約5千万円の赤字だったことと比較して、今期の純利益は約5億円、EPS0.18ドルとなった。

・通期での売上げも約10億円に達することなり、前年同期が2億6千万円から大幅増となった。

CEOのブレット・ローパーは、
「7期連続の売上増と3期連続の黒字となったことで、我々の進んできた道が正しく収益性に飛んでいることを証明できていると思います。また引き続き世界での大麻関連事業を展開でき、株式市場もOTCQXへアップリストできたことを売れしく思っています。」
と述べている。

Original Source;
http://www.medicinemantechnologies.com/investor-information/press-release-archives/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です