メッドメンが最大308億円をゴーサム・グリーン・パートナズらから調達

07/10/2019
大麻ディスペンサリー事業を展開するメッドメン・エンタープライズ(MedMen Enterprises Inc, CSE:MMEN, OTCQX:MMNFF)は、最大275億円($250M)の優先担保転換社債をゴーサム・グリーン・パートナーズ(Gotham Green Partners)を中心とする投資家に発行していたが、今回の修正合意でウィックロー・キャピタル(Wicklow Capital)からの参加を得て、追加で33億円($30M)を調達し、総融資コミットメントが308億円($300M)に達することになった。現在までに、ゴーサム・グリーン・パートナーズは総額のうち110億円($100M)を拠出している。

調達された資金は以下の用途に使用されるとしている。
・まだ開業できていない小売ライセンスの操業開始資金としての利用。メッドメンは全米で最大86店舗の小売店ライセンスを取得しており、そのうち37店舗が現在稼働中。

・イリノイ州など、2020年に州政府が医療大麻市場から娯楽使用市場に移行した後の店舗展開。およびPharmaCannの買収に関連した規制当局の承認待ちの10店舗を見込む戦略的市場開拓。

・2019年に11店舗をオープンする予定のフロリダで、小売店のプレゼンス拡大。

・リテールフットプリントの拡大、デリバリーおよびロイヤルティプラットフォームへの投資、バランスシートの強化など。

Source;
https://investors.medmen.com/press-releases/press-release-details/2019/MedMen-Announces-Increased-Commitment-From-Gotham-Green-Partners/default.aspx

—————————
<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です