ベラノがシエラ・ウェルを買収しネバダ州での販売網を拡大

07/25/2021
ベラノ(Verano Holdings Corp, CSE:VRNO OTCQX:VRNOF)は、WSCC, Inc.(シエラ・ウェル、Sierra Well)の全持分を取得する契約を締結したことを発表。RenoとCarson Cityですでに稼働中の大麻ディスペンサリー2店舗追加する。両施設は、それぞれの都市の中心部から数分の距離にあり、繁華街に位置している。

・Reno(リノ)とCarson City(カーソンシティ)で完全稼働している優良薬局を2店舗追加することで、ネバダ州北部の大麻小売市場を戦略的に拡大する。両市の人口は合わせて30万人を超え、観光客も多く、最近では年間500万人を超える観光客が訪れている。

・北ラスベガスにあるVerano社関連の栽培施設の拡張に加え、リノに約1万平方フィートの栽培・生産施設を追加することで、ネバダ州北部での販売力を強化することができる。

・ネバダ州のサプライチェーンを拡大すると同時に、Veranoとその関連会社の間で薬局の数を4つに増やし、今年の夏の終わりには5つ目の店舗をラスベガスにオープンする予定。これにより、Veranoの全米11州に広がる79の薬局と10の栽培・製造施設というポートフォリオが構築されることになる。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です