ゼナビスがティルレイ傘下のハイパークへ25億円分の乾燥大麻を供給へ

07/02/2019
トロント証券市場に上場しているゼナビス・グローバル(Zenabis Global Inc, TSX:ZENA, OTC:ZBISF)は、ティルレイ(Tilray, Inc, NASDAQ:TLRY)傘下のハイパーク・ホールディングス(High Park Holdings Ltd)に約24.8億円(C$30M)分の乾燥大麻を供給すると発表した。代金は前払いで確保するとのこと。
この供給契約では、ゼナビスは10月から毎月決まった量の乾燥大麻を供給する。ゼナビスは1年以内に前払い分の約24.8億円(C$30M)分を供給する予定としており、ハイパークへの納入確約がゼナビス既存顧客への供給能力に影響を与えることはないという。供給契約に基づく卸売価格は、ハイパークが注文する製品の種類およびフォーマットによって変動する。

ゼナビスCEOのアンドリュー・グリーブは、
「希薄化と無縁の資金調達によって、本年度131,200 kgを生産予定としている急拡大中の年間栽培能力から、高品位な乾燥大麻をハイパークへ供給することができます。
この供給契約は、ゼナビスが持つ高品位な大麻製品生産能力と安定した供給能力に対する取引先の信頼を示しており、ハイパーク、ならびに当社の地方の取引先および当社が事業を行っている地域社会に対する約束を果たすことを楽しみにしています。」
と述べている。

Source;
https://www.zenabis.com/zenabis-arranges-30-million-non-dilutive-financing-via-supply-agreement-with-tilray/

—————————
<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です