-CCC2018-04 カンナビス・キャピタル・カンファレンス -オルガニグラム(ORGANIGRAM)

08/23/2018
8月17日にトロントで開催された、ベンジンガ(Benzinga)主催のカンナビス・キャピタル・カンファレンス。
経営者や広報がエネルギッシュにプレゼンテーションを行う中で、非常に実直な雰囲気で細かなデータを基にアピールしている企業があった。カナダのニューブランズウィック州を拠点にする オルガニグラム(ORGANIGRAM TSX:OGI, OTCQB:OGRMF)である。
CCC organigram-02

2010年に設立し2013年から本格的に始動した同社のカンナビス事業は、ローカルであるカナダ国内でカナダ人のためのQOLを向上させることを理念とし、大麻栽培・医療用大麻の商品製造・供給先に至るまでのすべてを地元カナダで行い、今後継続的に成長していくことを目指している。2018年10月17日から始まるカナダの大麻合法化に先駆け、同社が予測する今後のカナダにおける大麻マーケットについてのデータを発表していた。
CCC-Organigram-03

同社のメイン事業である医療用大麻の需用量を表すデータでは、2017年5月の時点で “ 治療で大麻を使用する患者数がおよそ 5,000人 “ だったのが、2018年5月のわずか 1年間で “ 15,000人の 3倍に増加 “ していることが明らかになっている。

また、カンナビス消費における将来予測される指数として、2017年12月31日時点では “医療用大麻の市場規模が C$435M(約326億円)“ だったのに対し、2021年には “医療用大麻だけでも C$1.2Bn (約900億円)“ まで上昇するとしており、さらには、2018年10月に成人のためのレクリエーション(娯楽)用大麻が合法化することで、 “市場規模はC$8.6Bn(約6460億円)“ にも昇ると予測している。医療用大麻使用の患者に関しては、約2倍に増加している見通しだという。

今週ちょうどオンタリオ州からオフィシャル・カンナビス・サプライヤーとして認定されたオルガニグラム。今後も同社の動向に注目してみたい。

Investor deck;
https://www.organigram.ca/assets/Investor-Deck/IR-Deck-July-30thOptimized.pdf

文、写真; Editor002-S.Sasaki

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です