Sunniva-Cannabis -strategic Ventures

大麻培養技術のコンセプション・ナーセリーズが、16.5億円を調達

07/12/2020
大麻業界に組織培養技術を提供しているコンセプション・ナーセリーズ(Conception Nurseries)は、シリーズAラウンドで16.5億円($15M)以上の資金調達を行ったことを発表した。調達資金は、カリフォルニア州サクラメントにある最先端施設の運営に使用されるとのこと。
今回の資金調達は、証券会社のピックウィック・キャピタル・パートナーズを通じて、ヴィリディアン・キャピタル・アドバイザーズがラウンドを主導した。

コンセプション社は、組織培養技術(マイクロプロパゲーション)を大麻業界に導入することで、病害リスクや収穫量の不安定という栽培者の最も困難な問題を解決してきた初期のリーダーである。これまでの大麻栽培では、栽培者は「母株」に依存した「クローン」を生産していたが、クローンでは形質が希釈され、制御不能な形質を持つことが多い。その結果、栽培者は生産量を正確に予測することができず、経験を頼りにすることしかできなかった。組織培養技術により、コンセプションは、カスタマイズされた一貫したプロファイルを持つ、同一の病気のない大麻の小植物体を迅速に大量生産することができる。これにより、生産者の運用上のリスクとコストを削減し、収量を増加させることができる。コンセプションの植物は、大麻生産者が自社で栽培する場合のコストを下回る価格で販売されるとのこと。

ヴィリディアン・キャピタルの社長兼創設者であるスコット・グレイパーは、
「CEOのケビン・ブルックスが率いるコンセプション・ナーセリーズは、大麻栽培における組織培養技術の最前線にいる。コンセプションの技術とケビン・ブルックス氏の成長企業のCEOとしての実績に魅了されて投資を決断しました。」
と述べている。

コンセプションのCEOであるケビン・ブルックス氏は、
「コンセプションが重視しているのは、従来の育種に比べてはるかに優れた植物を提供することだけではありません。これを実現する唯一の方法は、規模と自動化です。私たちは、米国の大麻産業に最先端の工業的農業技術をもたらすために、パートナーをグローバルに探しました。シリーズAの資金調達を完了させたヴィリディアン・キャピタルのチームのハードワークと忍耐に感謝します。」
と述べている。

現在、コンセプション社オレゴン工場は完全稼働しており、同市場への製品供給に成功している。
今後は、カリフォルニア州の施設が完成し、7月には最初の製品が完成する予定である。
コンセプションは、年間600万本以上の植物の生産能力を持ち、西海岸最大の大麻植物供給者になることを期待しており、業界最大のグリーンマーケット大麻クローン生産者の1つになるための準備を進めている。

Source;
https://conceptionnurseries.com/conception-nurseries-closes-series-a-raise-bringing-total-funding-to-more-than-15-million/


<<大好評発売中!!>>


「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です