4フロントが売上前期比36%upのQ1決算を発表

07/15/2020
アリゾナ州フェニックスに本拠地を置き、マサチューセッツ州、イリノイ州、カリフォルニア州、ミシガン州、ワシントン州で事業展開している垂直統合型大麻企業フォーフロント・ベンチャーズ(4Front Ventures Corp, CSE:FFNT, OTCQX:FFNTF)は、2020年第1四半期の決算を発表した。

<ハイライト>
・2020年第1四半期のシステム全体のプロフォーマ売上高は、前四半期比36%増の26.1億円($23.7M)。

・2020年第1四半期のIFRS売上高は、前四半期比37%増の18.7億円($17M)。

・第1四半期の売上総利益は10.7億円($9.7M)。

・第1四半期の調整後EBITDAは-3.1億円(-$2.8M)の赤字となった。

<ビジネスアップデート>
・COVID-19にもかかわらず、すべての事業市場で堅調な消費者需要が続いている。4フロントが事業を展開するすべての州は、大麻事業を「必須事業」とみなしている。

・4フロントは、マサチューセッツ州大麻取締委員会との間で、規制上の問題に関して、合意に達する模様。この合意により、マサチューセッツ州の拠点のレクリエーションライセンス取得の道が開けることが期待される。

・マサチューセッツ州とイリノイ州の両方の生産施設は、資金投下により2020年第4四半期までに拡張計画が完了する予定。これらのアップグレードは、4フロントの中核市場である2つの市場における拡張計画の第1段階であり、マサチューセッツ州ジョージタウン工場の生産量は2倍、イリノイ州の生産量は現在の3倍以上になると予想されている。

・2020 年下半期にはキャッシュフローがプラスになるペースを維持しており、2021 年には大幅な営業レバレッジを発揮する準備ができているとのこと。間接費を40%以上削減したことで、マサチューセッツ州での最終的なレクリエーショナルライセンス取得に見合うプラスのキャッシュフローを生み出し、2020年にはプラスの調整後EBITDAを生み出すと予想している。

・2020年5月31日現在、バランスシートの現金及び同等物は12.7億円($11.5M)、負債総額は88.1億円($80.1M)–転換社債6.4億円($5.8M)を除く。

・ワシントン州の不動産用地は、栽培、生産、流通のために建設された176,000平方フィートの最先端の工業用スペースで構成されている。これらの資産は、Gotham Green Partnersと関連した上位担保付債務によって担保されているとのこと。これらの資産のファイナンス/セールおよびリースバックにより、上位有担保債務は同社の資本金テーブルから削除されることが予想され、4フロントは、非希薄化または最小限に抑えたプロジェクトファイナンスのオプションをより自由に追求することができるようになると考えらている。4フロントは、この取引について複数のパートナーと協議を進めているとのこと。

4フロントのレオ・ゴンマカーCEOは、
「2020年に向けて、私たちは目標とする州で低コストの栽培・生産モデルを再現することに力を注いできました。ワシントン、イリノイ、マサチューセッツ、ミシガン、カリフォルニアのコア市場での成長を加速させるために、集中的なビジネスモデル、合理化されたコスト構造、強化されたバランスシートをもって、第1四半期を終えました」
と述べている。

ゴントマカー氏はまた、次のように付け加えている。
「マサチューセッツ州の大麻取締委員会との間で、待ちに待った成人用ライセンスの承認への道が開かれたことを嬉しく思っています。私たちは、今年のキャッシュフローを黒字化するだけでなく、今年の事業を終了するためのステージを設定するために、計画を実行し続けています。マサチューセッツ州とイリノイ州ではすでに資金調達による事業拡大を進めており、カリフォルニア州コマースの施設建設も年末までに開始できることを楽しみにしています。ワシントンでの成功は、当社が事業を展開するすべての州で再現可能であることを証明しており、この新しいシーズンを迎えるにあたり、当社がどのようなポジションにあるのか、非常に自信を持っています。」

Source;
https://4frontventures.com/2020/07/4front-announces-first-quarter-2020-results-and-business-update/


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です