Khiron Life Sciences Colombia

エア・ストラテジーズが2020年Q1決算を報告。

05/21/2020
アメリカの複数州で事業展開する垂直統合型大麻企業のエアストラテジーズ(Ayr Strategies Inc, CSE:AYR.A, OTCQX:AYRSF)は、2020年3月31日に締めたQ1決算を発表した。

<第1四半期財務ハイライト>
・営業活動による売上8.1億円($7.4M)の現金を得て、バランスシート上の現金は10.9億円($9.9M)に増加。

・大麻栽培能力の増強により、NVとMAで売上利益率の拡大が見込まれ、調整後EBITDA合計は6月には第1四半期の水準に戻る見込み。

・売上は、ネバダ州の小売売上高の増加とマサチューセッツ州の卸売売上高の増加により、3月上旬まで牽引し、前期の35.5億円($32.3M)と比較して4%増の37億円($33.6M)となった。

・3月中旬以降、COVID関連の閉鎖により減収となっているが、第2四半期には反発に転じている。

・売上総利益は、前期の16.6億円($15.1M)に対し、10%増の18.3億円($16.6M)となった。

・調整後のEBITDAは、COVID関連の閉鎖により3月の経費が収入よりも遅いペースで減少したため、2019年第4四半期の10.1億円($9.2M)と比較して9.2億円($8.4M)となった。

・営業損失は、前期の18.6億円($16.9M)に対し、5.4億円($4.9M)に改善。

・営業キャッシュフローは、前期の4.4億円($4M)に対し、85%増の8.1億円($7.4M)となった。

・2020年3月31日現在、現金および現金同等物は10.9億円($9.9M)で、2019年12月31日現在の9.2億円($8.4M)と比較して18%増加。

Ayr StrategiesのCEOであるジョナサン・サンデルマンは、
「2020年の業績は、当社の事業の強さとチームの優れた能力を継続して実証しています。大麻は「必要不可欠な事業」とされてきましたが、当社が現在事業を展開しているマサチューセッツ州とネバダ州は、大麻の販売に実質的な制限を課した全国でも数少ない州の一つです。そのため、米国の多くの大麻企業とは異なり、当社のビジネスは逆風に直面しました。このような制約にもかかわらず、第1四半期には、売上高と調整後EBITDAを連続的に増加させ、営業活動から得たキャッシュをバランスシートに追加することができました。 しかし、COVID-19によって引き起こされた混乱や、パンデミックが当社の市場や規制環境に与える最終的な影響の不確実性を考えると、2020年の売上高と調整後EBITDAのガイダンスを楽観視することはできませんが、当社は前年を上回る力強い売上高と調整後EBITDAの成長を実現できると確信しています。」
と述べている。

Source;
https://ir.ayrstrategies.com/news-events/press-releases/detail/38/ayr-strategies-reports-first-quarter-2020-financial-results


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です