キャノピー・グロースが世界規模で事業再編へ

04/16/2020
キャノピー・グロース(Canopy Growth Corporation, TSX:WEED, NYSE:CGC) は、事業体制を強化するためにこれまで拡大展開してきた世界各所での事業を再編する。

<アフリカ>
キャノピー・グロースは、南アフリカとレソトでの事業から撤退することで合意し、アフリカでの全事業の所有権を現地企業に譲渡することを目標とする。近日中に取引を完了する予定。

<カナダ>
キャノピー・グロースは、現在の市場状況に合わせてカナダでの生産をさらに調整するため、サスカチュワン州ヨークトンの屋内施設を閉鎖する。キャノピーは、カナダでの現在の生産力は、将来的にも消費者の需要を満たせるものと確信している。

<ラテンアメリカ>
キャノピー・グロースはコロンビアの栽培施設の操業を停止し、原材料は現地サプライヤーへと移行し、製剤化・カプセル化事業はプロキャップス社など2社へ移行する。このことによってアセットライトモデルへと移行しバランスシート改善を目指すようだ。

<米国>
キャノピー・グロースは、2019年の栽培シーズンに生産された豊富な大麻のため、ニューヨーク州スプリングフィールドでの農作業を中止する。今後も昨年収穫された大麻を利用して、米国市場向けにヘンプ由来のCBD製品を販売していくとのこと。

Source;
https://www.canopygrowth.com/investors/news-releases/canopy-growth-announces-changes-to-global-operations-to-drive-strategic-focus/


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です