キャノピー・グロース、Q1の売上高は前四半期比1.5%減の1億110万カナダドル

2022年8月5日 オンタリオ州スミッツフォールズ /PRNewswire/ – キャノピー・グロース・コーポレーション(「キャノピー・グロース」または「当社」)(TSX:WEED)(NASDAQ:CGC)は本日、2022年6月30日に終了した第1四半期の決算を発表。本プレスリリースに記載の財務情報は、特に断りがない限り、すべてカナダドルで報告されている。

<ハイライト>
・2023 年度第 1 四半期の純収入は、FY20221 年第 4 四半期と比較して横ばい。
・プレミアムフラワーとプリロールジョイント(PRJ)を合わせたセグメントで、FY2032年第1四半期もシェアNo.1を維持。
・FY2023年第1四半期のメインストリームフラワーとPRJを合わせたセグメントのシェアは35bps増の4.0%。
・国際医療用大麻の純収益は、主にイスラエルとオーストラリアでの好調な販売に牽引され、FY2022年第1四半期と比較して約2倍となった。
・FY2023年第1四半期のバイオスチールの売上高はFY2022年第1四半期比169%増で過去最高。ウォルマート・ストアーズと39州2,200店舗をカバーする小売契約を締結。NHLおよびNHLPAのオフィシャルハイドレーションパートナーになるためのパートナーシップを締結。
・コスト削減プログラムは順調で、FY2023 年第 1 四半期の営業費用3 は FY2022 年第 1 四半期比で 13%減。


デビッド・クライン、最高経営責任者は、
「北米におけるブランド主導の戦略を推進した結果、BioSteelは過去最高の四半期業績を達成し、プレミアムフラワーおよびプレロールジョイントのセグメントで第1位のシェアを維持するとともに、プレミアムブランドのDojaとメインストリームTweedを成長させました。
ニュージャージー州の娯楽用大麻市場で事業を展開するAcreageや、北米全域でのWanaの拡大など、米国のTHCエコシステムが強化される中、消費者が求めるもの-プレミアム、インフューズド、すぐに楽しめる-に沿ったイノベーションの確固たるパイプラインを提供することに引き続き力を注いでいます。」
と述べた。

「当四半期の営業費用は、当四半期の初めに発表したコスト削減策と健全な経費規律により、大幅に減少した。バイオスティールや米国THCエコシステムなどの戦略的成長イニシアチブへの投資を継続しながらも、今年後半にはコスト削減が進み、黒字化への道筋をつけることができると考えている」。
–ジュディ・ホン(Judy Hong)、最高財務責任者



2023年度第1四半期決算概要

売上高
2023 年度第 1 四半期の純収益は、2022 年度第 1 四半期比 19%減の 1 億 1,000 万ドル。これは、より利益率の高いプレミアム製品やメインストリーム製品に焦点を当てた意図的な事業転換により、カナダの娯楽用大麻市場におけるバリューフラワーの売上が減少したことが一因である。その他の消費者製品の売上は、FY2023 年第 1 四半期に 4400 万ドルとなり、FY2022 年第 1 四半期から 1%増加した。買収事業と C3 の売却の影響を除くと、純収益は前年同期比で 17%減少し、世界の大麻の純収益は前年同期比で 28%減 少した。


売上総利益率。
FY2023年第1四半期の報告上の売上総利益率は、FY2022年第1四半期の20%に対し、(1%)であった。売上原価に計上された現金支出を伴わない再構築費用4百万ドルを除くと、調整後売上総利益率は2%であった。FY2023.1Qの売上総利益率は、カナダのレクリエーション事業の生産高減少及び価格引き下げ、ビジネスミックスの変化、並びにCOVID-19の救済プログラムに基づきカナダ政府から受領した給与補助の減少による影響を受けた。


営業費用
これは、一般管理費及び研究開発費が前年同期比で減少し、販売費及び一般管理費が増加したことによ り相殺されたことによるものである。


のれんの減損
当社は、大麻事業に関する現金支出をともなわないのれんの減損 17 億 25 百万ドルを認識し、四半期純損 失に計上した。 この減損は、大麻事業報告部門に関連するのれん残高の全額であり、FY2023 年第1四半期に当社の時価総額が減少した結果、発生したものである。


当期純損失
FY2023年第1四半期の純損失は20億8800万ドルで、FY2022年第1四半期から24億7800万ドル増加した。これは主に、現金支出のないのれんの減損17億2500万ドルと、現金支出のない公正価値の変動に起因するものである。


調整後 EBITDA。
FY2023年第1四半期の調整後EBITDA損失は75百万ドルで、FY2022年第1四半期に対して11百万ドルの損失増となったが、主に売上総利益率の低下により、販売管理費合計の減少で一部相殺された。


フリー・キャッシュ・フロー
FY2023年第1四半期のフリー・キャッシュ・フローは、FY2022年第1四半期比23%減の1億4,300万ドルの流出となった。FY2022年第1四半期との比較では、営業活動および前述の構造改革の一環としての資本支出に使用する現金が減少したことを反映している。


キャッシュ・ポジション
これは、主にEBITDAによる損失と、米国におけるTHCの連邦政府認可に伴うJetty Extracts社買収オプションの対価として一時金を支払ったことを反映している。



ビジネスハイライト
カナダのレクリエーショナル大麻市場の主要セグメントにおいて、強力なブランドパフォーマンスとイノベーションが市場シェアの安定化に貢献

プレミアムフラワーとPRJを合わせたセグメントで、2023年度第1四半期にキャノピー・グロース社のシェアNo.1を堅持。プレミアムNPDに引き続き注力し、FY2023年第1四半期にプレミアムフラワーおよびPRJの新製品を11品発売した結果、プレミアムフラワーおよびPRJセグメントにおけるドージャのブランドシェアは13bps増の2.1%となった。
メインストリームフラワーとPRJを合わせたセグメントでは、FY2023年第1四半期にメインストリームフラワーとPRJの新製品6種を投入し、シェアを維持した。新花きへの強い消費者ニーズにより、Tweedブランドのメインストリーム花き・PRJ合計でのシェアは35bps増加し、4.0%となった。
RTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料では、「ディープ・スペース」ブランドと「ツイード」ブランドのフレーバー拡張に対する消費者の需要が、RTD飲料カテゴリーにおける当社のシェアを33bps伸ばして23%にした。Deep Spaceブランドは、5mg以上のTHC飲料カテゴリーで2位を維持した。Tweed のアイスティーとフィズ飲料のポートフォリオに対する消費者の強い需要は、RTD 飲料市場における Tweed ブランドのシェアを 136 bps 増加して 10.4% とし、5 mg 未満の THC 飲料カテゴリーで市場シェア第 1 位を維持した。
2023年第2四半期には、プレミアムとメインストリームを合わせた26種類のフラワーとPRJを含む強固なNPDパイプラインが、アルバータ州、オンタリオ州、ケベック州で60件の新規上場を確保した。

医療用大麻の売上は増加しており、複数の潜在的な成長要因がある。

国際医療用大麻の純収益は、主にイスラエルとオーストラリアでの好調な販売により、FY2022年第1四半期と比較して2倍となった。ドイツの営業部隊は、薬局ネットワークの拡大に注力。
カナダの医療用大麻ビジネスでは、Spectrum Veteran Careプログラムによる退役軍人の登録者数の増加に重点を置いている。

BioSteel RTDの流通と販売速度の向上により、2023年度第1四半期に過去最高の売上を記録

BioSteel RTDのACV8が21%となり、FY2023年第1四半期の収益はFY2022年第1四半期の3%から169%増加。 ウォルマートと 39 州の 2,200 店舗で販売する契約を締結。
BioSteelは、NHLおよびNHLPAのオフィシャルハイドレーションパートナーとなるためのパートナーシップを締結。 スポンサーシップにより、BioSteelブランドは、リーグ全体のリンクサイドでのマーケティングおよび製品供給権、小売店での活性化権、コミュニティとの連携プラットフォーム、選手のマーケティングおよび活性化権などを提供する。

米国におけるTHCエコシステムの強化が進む

Wanaは、プエルトリコとアーカンソー州に加え、さらに3つの州を開拓し、北米での拡大を続けている。北米でNo.1のクイックオンセットスリープグミにランクされているWana Optimals Fast Asleepを含むOptimalsラインの成功に基づき、Wanaは様々な市場に様々な新しいSKUを追加した。
Acreage Holdings10は、2022年第1四半期に売上高が前年同期比48%増となり、5四半期連続で調整後EBITDAがプラスとなるなど、力強い成長を遂げました。 2022年4月、Acreageはニュージャージー州で成人向け事業を開始し、同社の主力ブランドであるThe Botanistは、同州の複数の薬局で成人向け消費者向けに販売されるようになった。



2023 年度第 1 四半期の収益概況

カナダ産カンナビス

2023年度第1四半期のレクリエーショナルB2Bの売上高は、主に競争激化による価格圧縮の影響と、高価格帯のドライフラワーの売上減少により、前年同期比38%減となった。 これらの要因は、主に高価格帯のドライフラワーの販売数量が前年同期に比べ減少したことによるプロダクトミックスの改善や、Supreme Cannabis社の売上が四半期を通じて寄与したことにより、一部相殺された。
FY2023年第1四半期のレクリエーショナルB2C純売上高は、各州における第三者小売店の急増による競争激化が主因で、FY2022年第1四半期比28%減少した。
メディカル事業の売上高は、平均受注額の増加により受注件数の減少を相殺し、FY2022 年第 1 四半期比 1%減となった。

海外大麻

2022年1月31日に完了した事業売却の結果、FY2023年第1四半期のC3収益は前年同期比100%減少した。
2023年度第1四半期のその他の収益は、主にSupreme Cannabisによるイスラエルの医療用大麻市場への大麻販売と、オーストラリアを含む世界的な医療用販売の増加により、前年同期比73%増となった。

その他の消費者製品

BioSteelの売上は、北米における流通チャネルと販売速度の継続的な拡大、および海外売上の増加により、前年同期比169%増となった。
Storz & Bickel社のヴェポライザーの売上は、特定の代理店との一時的な取引停止や北米及び欧州における個人消費の減速などにより、FY2022年第1四半期比35%減となった。
当ワークスの売上高は、FY2022年第1四半期のCOVID-19の規制期間中に恩恵を受けた一部製品ラインの業績が軟化し、欧州における一部製品の受注がFY2023年第2四半期に段階的に減少したこともあり、FY2022年第1四半期比15%減となった。

本プレスリリースに記載されているFY2023年度第1四半期及びFY22年度第1四半期の業績は、米国会計基準に基づき作成されている。


キャノピー・グロース・コーポレーションについて
キャノピー・グロース (TSX:WEED,NASDAQ:CGC ) は、世界をリードする多様な大麻およびカンナビノイドベースの消費者製品企業で、大麻の可能性を最大限に引き出すことにより、生活の向上、禁酒法の廃止、コミュニティの強化を目指す情熱で動かされている。消費者インサイトとイノベーションを活用し、高品質のドライフラワー、オイル、ソフトジェルカプセル、インフューズド飲料、食用、局所用などの製品に加え、キャノピー・グロース社と業界トップのStorz & Bickel社によるヴェポライザー(気化装置)を提供している。グローバルメディカルブランドであるスペクトラム・セラピューティックは、色分けされた分類システムによるフルスペクトル製品を販売しており、カナダとドイツの両市場で市場をリードしている。受賞歴のあるTweedとTokyo Smokeのバナーを通じて、成人用消費者にアプローチし、最高品質の製品と有意義な顧客関係に注力することで、忠実なファンを構築している。キャノピー・グロースは、BioSteelスポーツ栄養剤、This Works皮膚・睡眠ソリューションを通じてカナダ、米国、欧州などの主要市場で健康・ウェルネス消費者分野に参入し、First & FreeおよびMartha Stewart CBDブランドを通じて米国で連邦政府によって認可されたCBD製品を追加導入した。キャノピー・グロースは、フォーチュン500に選ばれているアルコール業界のリーダー、コンステレーション・ブランズと確立したパートナーシップを結んでいる。詳細については、www.canopygrowth.com をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。