キャノピー・グロースが英国・ヨーロッパ進出状況をアップデート

10/21/2019
垂直統合型大麻企業大手のキャノピー・グロース(Canopy Growth Corporation, TSX:WEED, NYSE:CGC)は、同社の薬事会社であるスペクトラム・セラピューティクス(Spectrum Therapeutics)を通じて、英国とルクセンブルクに於いて、順調に大麻生産や流通ネットワークが多くの患者や医療従事者の需要に基づき拡大していることを発表した。

イギリスにおいてスペクトラム・セラピューティクスは、MHRA医薬品・医療製品規制庁(Medicines and Healthcare products Regulatory Agency)より、大麻製剤(CBMPs)を保管・流通させられる免許を取得。イギリスで初となるこの施設では、処方薬の迅速な配達が可能となり、また、取得した免許はイギリスへCBMPsの輸入やサプライチェーンの最適化を可能にする。

スペクトラム・セラピューティクスのコスモ・フィールディング・メレン取締役は、
「イギリスで12ヶ月以内に医療大麻が利用可能となります。そしてその頃には我々のサプライチェーン含めインフラが最適化され、患者様に最適な物を提供できることでしょう。」
と述べている。

ルクセンブルクでは、スペクトラム・セラピューティクスが独占供給契約を締結。2021年12月31日まで、スペクトラム・セラピューティクスがラインセンスするデンマークの施設から、医療大麻をルクセンブルクに供給する。
2018年、ルクセンブルクでは、医療大麻を必要とする患者のために大麻の非犯罪化法案を通過させた。現在、医療従事者や療法者などトレーニングを受けた者が、ガンなどの患者に対して医療大麻を処方できる。
キャノピー・グロースは、ルクセンブルクへ大麻輸入するための全ての許可を取得し、初出荷を完了させたばかりである。

Source;
https://www.canopygrowth.com/investors/news-releases/european-update-canopy-growth-secures-exclusive-opportunities-in-the-uk-and-luxembourg/


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です