グリーンレーンがQ2決算予測を発表

07/30/2021
フロリダ州ベースのグリーンレーン(Greenlane Holdings, Inc. Nasdaq:GNLN)は、2021年6月30日に終了した第2四半期の予備的な財務結果を発表した。

2021年第2四半期の財務およびその他のデータの暫定的な推定値および未監査値ベースで以下を見込んでいる。

・売上高は約34.5百万米ドル

・売上総利益率は21%から22%。

・現金残高:約11.5百万ドル

主に、サプライチェーンの不確実性とCovid-19の影響による逆風のため、2021年3月31日に発表した2021年12月31日までのプロフォーマ見通しを中止し、後日再設定する予定。
Greenlaneは引き続き、必要な承認の取得など、契約に含まれる残りの条件がすべて満たされるか放棄されることを条件に、KushCo Holdingsとの合併案が2021年の第3四半期に完了すると見込んでいる。

2021年第2四半期カンファレンスコールは、8月17日(火)午前8時30分(東部時間)から予定されている。
グリーンレーンは、この電話会議に先立ち、第2四半期の業績を報告する予定。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。