GQ-Pharma

エピディオレックスを販売するGWファーマの年間売上は342億円

02/26/2020
大麻成分を含む抗てんかん薬「エピディオレックス(Epidiolex®)」を販売するGWファーマ(GW Pharmaceuticals plc, Nasdaq:GWPH)は、12月末に締めた第4四半期(Q4)決算と年度決算を発表した。

<ハイライト>
・Q4の売上は、120億円($109.1M)となり、その内エピディオレックスの売上が115億円($104.5M)。

・年間売上は342億円($311.3M)となり、その内エピディオレックスの売上が326億円($296.4M)。

・Q4の純損失は-27.4億円(-$24.9M)となり、前年同期の-79.1億円(-$71.9M)から縮小。

・Q4における現金および現金同等物は590.6億円($536.9M)となり、前年同期の650.7億円($591.5M)からは減少。

・アメリカでは2020年の処方箋薬としての市場を伸ばす予定。

・ヨーロッパでは、Q4にドイツで商業販売を開始。

・UKでは2020年のQ1中に商業販売を開始予定。

・結節性硬化症(TSC)の治療に向けてFDAへNDAを提出。

・レット症候群に対するフェーズ3の治験を開始。

・経口投与とカプセルを含む新しいCBD薬のフェーズ1の治験を2020年に開始予定。

http://ir.gwpharm.com/static-files/1b983943-92da-4e39-8385-02e23fa71bfd

Source;
http://ir.gwpharm.com/news-releases/news-release-details/gw-pharmaceuticals-plc-reports-fourth-quarter-and-year-end-2019


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。