オルガニグラムが前年同期を下回る四半期決算を発表

01/12/2021
ナスダックに上場する大麻企業のオルガニグラム(Organigram NASDAQ:OGI)が、2021年第1四半期決算を発表した。

<ハイライト>
売上高:
・前年同期は2,520万カナダドルであったのに対し、今期の純売上は1,930万カナダドルであった。(予想コンセンサスC$15.7M)

・今期はライセンス生産者からの卸売収益が大幅に減少し、平均販売価格が低下したことが主な要因である。前年同期の卸売売上高の増加は、主にライセンス生産者1社への販売によるものであり、各四半期にこのようなレベルで、あるいは全く同じレベルで再発するとは必ずしも予想されていない。2021年度第1四半期のカナダの成人用レクリエーション市場の純収益は、主にRec 2.0製品がまだ合法化されていなかったため、前年同期の1,290万カナダドルから30%増の1,680万カナダドルとなった。

・2021年第1四半期 カナダの成人用レクリエーションの総収入は前年同期比42%増の2,250万カナダドル、純収入は30%増の1,680万カナダドルとなった。

・2021年第1四半期のカナダの成人用レクリエーションの総収入と純収入は、2020年第4四半期比でそれぞれ14%、11%と前四半期比で増加した。

総売上:
・2021年第1四半期の総売上は、前年同期2,840万カナダドルに対して2,530万カナダドルとなったが、これは主に上記の純売上に影響を与える同様の要因によるものであり、2021年第1四半期の総収入に占める物品税の割合が増加したことを反映している。

売上原価:
・前年同期の売上原価は1,580万カナダドルに対し、2021年第1四半期の売上原価は2,320万カナダドル。
・2021年第1四半期の売上原価の増加は、主に2021年第1四半期に在庫引当金が増加したこと、製造原価が増加したこと、および2021年第1四半期に生産量が減少したために吸収されなかった固定費に関連する費用が発生したことによるものである。

生物学的資産および売却した棚卸資産の公正価値変動前の粗利益率:
・2021年第1四半期の生物学的資産および販売した棚卸資産の公正価値変動前の粗利益は、前年同期が930万カナダドルのプラスであったのに対し、380万カナダドルのマイナスとなった。

・2021年第1四半期の売上総利益率がマイナスで低下したのは、上述のように平均販売価格が低下し、売上原価が上昇したことが主な原因である。

売上総利益率:
・前年同期の売上総利益率は1,120万カナダドルのプラスであったのに対し、2021年第1四半期の売上総利益率が1,670万カナダドルのマイナス。

調整後粗利益率
・2021年第1四半期の調整後粗利益率は前年同期の1,020万カナダドルから190万カナダドルに低下したが、これは主に上述の通り純収入が減少したこと、および2021年第1四半期の総収入に占める物品販売税およびバリューセグメントの販売の割合が大きくなったことによるものである。

販売費および一般管理費(SG&A):
・2021年第1四半期の販管費は1,110万カナダドルで、前年同期の940万カナダドルから18%増加した。

調整後EBITDA:
・2021年第1四半期はマイナスの調整後EBITDAは640万カナダドルとなり、前年同期の調整後EBITDA、プラス570万カナダドルと比較して減少したが、これは主に上述の通り、2021年第1四半期の調整後粗利益率が低下したことによるものである。

純損失:
・希薄化後ベースでは、前年同期の純損失は990万カナダドル(0.01カナダドル)に対し、2021年第1四半期の純損失は3,430万カナダドル(0.17カナダドル)と拡大。上述の通り2021年第1四半期の粗利益率のマイナス幅が拡大したことが主な要因となった。

営業活動から得た純キャッシュ:
・2021年第1四半期の営業活動から得られた純キャッシュは、前年同期には2,690万カナダドルの営業活動に使用されたのに対し、30万カナダドルとなった。営業活動から得られた純キャッシュの改善は、Rec 2.0の合法化に先駆けて事業の規模を拡大したことで、前期に運転資本資産が増加したことが主な要因である。

その他:
・四半期末以降、増加する消費者需要に対応し、将来的にはより多くの販売機会と規模の経済を獲得するために、増産と既存の追加能力の使用を開始した。

・当社の製品ポートフォリオの活性化の一環として、2020年7月より、利益率の高いエジソンドライフラワーの新品種3品種を含む53品種を新たにストックキーピングユニット(SKU)として販売開始した。

・SHREDは、2020年11月と12月の間、オンタリオ州カンナビスストアのウェブサイトで最も検索されたブランドの第1位であり、エジソンは2020年11月に最も検索されたブランドの1つであった。

・2021年1月11日、米国および国際的なM&Aに深い経験を持つオーガニグラム初の米国籍取締役会メンバーであるマーニ・ワイズホーファー(Marni Wieshofer)氏(元ライオンズゲート・エンターテインメント・カンパニーのCFO兼企業開発担当EVP)を、同社の取締役会に任命することを発表した。

売上構成
©︎Organigram Financial Report

Source:
https://investors.organigram.ca/organigram-reports-first-quarter-fiscal-2021-results-2


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です