アフリアのQ1決算、成人用大麻売上は前期比23%UP

垂直統合型大麻企業大手のアフリア(Aphria Inc, TSX:APHA, Nasdaq:APHA)が、2020年8月31日に終了した第1四半期(Q1)の決算を報告した。金額は、特に断りのない限り、すべてカナダドルで表示されている(1グラム当たり、キログラム、キログラム換算、1株当たりの金額を除く)。

会長兼最高経営責任者(CEO)のアーウィン・D・サイモンは、
「私たちの力強い第1四半期の業績は、カナダにおけるアフリアの成人用大麻ブランドの継続的な力強い成長と発展を反映しています。」
「私たちは、持続可能で長期的な成長を促進するために、技術革新、戦略的パートナーシップ、グローバル展開、企業市民としての多様なアプローチを一貫して取っています。当社のバランスシートとキャッシュポジションの強さと、最高のリターンを得るための優先事項に一貫して注力することで、すべてのステークホルダーに持続可能な長期的価値を生み出すことができると確信しています」
と述べている。

<ハイライト>

・第1四半期の成人用大麻の売上総収入は過去最高の6,960万カナダドルで、前四半期比23%増、6四半期連続の成長。

・第1四半期の大麻の純収入は6,250万カナダドルで、前年同期比103%増。

・第1四半期の純収益は1億4570万カナダドルで、前年同期比16%増、前期比4%減となったが、これはCOVID-19の世界的な医療危機による流通収益の減少のみによるもの。

・第1四半期の1グラムあたりの乾燥大麻生産にかかる現金コストは0.87ドルで、前四半期から1%減少し、4四半期連続で減少した。

・第1四半期の大麻事業の調整後EBITDAは1,040万カナダドルで、前四半期から11%増加した。

・第1四半期の調整後EBITDAは1,000万カナダドルで、前四半期から17%増加した。

・カナダ市場と国際市場に向けた成長計画のため、4億カナダドルの現金および現金同等物を含む、強固なバランスシートと流動性で第1四半期を終了した。

・アフリアは、2020年6月8日にニューヨーク証券取引所からナスダック・グローバル・セレクト・マーケット(以下「ナスダック」)に上場を移行した。

・2020年7月29日に1億ドル(米ドル)のアットザマーケットプログラム(以下「ATMプログラム」)の目論見書補足資料を提出。
・グッドサプライとP’tite Pofが大きくSKUを増やし、新ブランドB!NGOが低効力の大麻を活用したエコノミーブランドを発売。

<今後のイベント>

・アフリアは、イスラエルの医療用大麻メーカーであるインターキュア社の子会社であるカンドック社(Canndoc Ltd)と戦略的供給契約を締結。

・HydRx Farms Ltd.からの転換社債型債権を清算。

・ドイツ13,000以上の薬局への流通網を持つ大手販売代理店のCC Pharma社へ、同社のAphria One施設から、初のEU GMP認証を受けた乾燥大麻の出荷を完了した。

Source;
https://aphriainc.com/gross-revenue-in-first-quarter-fiscal-year-2021/


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です