Aphria CCC

エフィリア、2019年第1四半期売上が117%UP

10/12/2018
エフィリア(Aphria Inc, TSX: APH, OTCQB: APHQF)は8/31に終了した2019年第1四半期の決算結果を発表した。
(数字は全てカナダドル)

<決算ハイライト>
・四半期での販売総量の増加が見られたが、これは医療機関向けの卸販売が好調だったことと、在庫をリバランスしたことに起因。
・年間生産量はエフィリア・ワンで3万kg、ブロークン・コーストで5千kgとなる。
・カナダ国内の生産拠点では25.5万kgの年間生産量を予定、2019年のライセンス許諾がおり次第販売開始できる見込み
・ユーコンテリトリーを含むカナダ全州と供給契約を締結。カナダ国民の99.8%の人口カバー率。
・嗜好用大麻市場向けにソレイユ・サングロウン・カンアビス(Solei Sungrown Cannabis)、RIFF、グッドサプライ(Good Supply)、グッドフィールズ(Goodfields)を立ち上げ。
・C$245M(約208億円)の資金調達を実施
・2018年8/31に終了した第1四半期の売上はC$13,3M(約11.3億円)。前期より10%の伸びとなり、昨年同期比は217%の伸びとなる。
・売上利益はC$8,4M(約7.1億円)で利益率は63.6%。前期は利益率78.7%、C$9,5M(約8.1億円)だった。減少の原因は、労働力不足のためにエフィリアの基準にあった作物の収穫が予定通りいかず、基準以下の作物を処分し原価がUPしたため。

「エフィリアは2019年度世界的なカンナビスのリーディングカンパニーになるべく一歩を踏み出しました。レミントンの設備を拡張しカナダ全土で供給契約を締結しています。また嗜好用市場に向けていくつかのブランドを立ち上げております。嗜好用大麻市場だけでなく、医療用大麻マーケットでも我々は望ましいポジションを確保しています。エフィリアはこれからも持続可能な成長を目指し世界の大麻市場での機会獲得に集中してまいります。」
とヴィック・ニューフェルドCEO。

Original Source;
https://aphria.ca/blog/aphria-records-solid-revenue-growth-in-first-quarter-of-2019/

関連記事

特別目的買収会社のCSACが米国の大麻企業5社を買収... 10/18/2018 カナダでSPAC(特別目的買収会社)として上場されているカンナビス・ストラテジーズ・アクィジッション・コープ(Cannabis Strategies Acquisition Corp "CSAC")が米国にある大麻関連会社5社を買収することとなったと発表した。 買収するのは...
大麻薬局のアップルストア、メッドメンが2019年第2四半期決算を発表... 03/01/2019 大麻のディスペンサリー事業を展開するメッドメン(MedMen Enterprises Inc, CSE: MMEN, OTCQX: MMNFF)が2018年12月末に締めた2019年第2四半期決算を発表した。 <2019年第2四半期決算ハイライト> ・...
大麻産業専門に不動産事業を営むIIPRが前年同期比146%UPとなる好決算を発表... 05/10/2019 カリフォルニア州サンディエゴに拠点を持ち、大麻ビジネスに特化した不動産事業を展開しているイノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズ(Innovative Industrial Properties, Inc, NYSE:IIPR)が、2019年度第1四半期決算を発表した...
大麻合法化のカナダと連邦法で違法のアメリカ... 『いよいよ今月合法化するカナダと未だ連邦レベルでは違法状態のアメリカ』 トランプ大統領とカナダのトルドー大統領の貿易交渉が一時不調になりつつも最終的にはFTA締結となったり、同じ北米大陸にありながら、合法化へと進むカナダと依然連邦レベルでの違法状態が続くアメリカは水面下で牽制し合っている状況だ...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です