グロウジェネレーション、2022年第2四半期決算を発表


2022年8月4日デンバー発-(BUSINESS WIRE)-水耕栽培と有機栽培の専門ガーデンセンターで14州に62店舗を展開する最大手のチェーン、グロージェネレーション・コープ(NASDAQ:GRWG)(「グロージェン」または「当社」)は、本日2022年6月末の第2四半期の財務結果を発表した。



2022 年第 2 四半期のハイライトを前年同期と比較すると
・業界の需要低迷により、売上高は44%減の7,110万ドル
・当四半期の既存店売上高は56.9%減
・営業権およびその他の無形資産の減損費用1億2780万ドルを含む1億3640万ドルの純損失(前年同期は670万ドルの純利益)を計上
・一株当り損失は2.24ドル
・調整後EBITDAは290万ドルの損失
・2022年の売上高ガイダンスを、前回の3億4,000万ドルから4億ドルへ引き下げ、2億5,000万ドルから2億7,500万ドルの間へ更新。
・調整後EBITDAガイダンスは、前回予想の0百万ドルから1千万ドルの利益から、1千2百万ドルから1千5百万ドルの損失になる見込み


GrowGenerationの共同創業者兼最高経営責任者であるDarren Lampert氏は、
「GrowGenチームは、第2四半期に業界の大きな逆風に直面し、当四半期の業績は期待外れとなった。昨年上半期は例外的に好調で、第2四半期の既存店売上高は2020年の同時期と比較して約60%増となった。
2022年第2四半期は売上が43.5%減少し、のれん代と無形資産に1億2780万ドルの減損を行った。しかし、2022年6月30日に終了した四半期に在庫レベルを管理したため、営業から380万ドルのプラスのキャッシュフローを生み出した。また、年換算のコストベースは2021年末の水準と比較して1300万ドル削減する予定である。
上半期の収益と粗利益の逆風は下半期も続き、当初の計画よりも大きな圧力に直面しているため、2022年の残りの収益は上半期と比較して減少すると予想している」と続けました。
「業界では需要の軟化が長期化しているが、水耕栽培と屋内制御環境農業に存在する長期的な機会に引き続き確信を持っている。GrowGenは、強固なバランスシートと運営能力により、堅固な財務基盤を維持している。私たちは、市場がいずれ好転したときに、より強力に立ち上がることができる体制を整えていると確信している。その間、運転資本の最適化を通じて現金を確保する方法で事業を管理する積極的なアプローチをとり、より積極的にコスト構造を適正化する。
と述べている。


2022年第2四半期連結業績
2022 年第 2 四半期の売上高は、2021 年第 1 四半期の 1 億 2,590 万ドルに対して 5,480 万ドル(43.5%)減少の 7,110 万ドルだった。この純収益の減少は、2022 年第 1 四半期にオープンした 58 の小売店舗及び当社の E コマース事業の既存店売上高が前年同期に比べ 56.9%減少したことによるものであるが、5 店舗の新規店舗の追加及び買収による貢献で一部相殺された。第2四半期の小売全体の売上は、前年同期の1億890万ドルに対し、5540万ドルだった。

Eコマース売上は、前年同期の1,200万ドルに対し、当四半期は370万ドルだった。この減少は、同社の商用に特化したAgron.ioプラットフォームを閉鎖したことに起因している。
流通ブランドとMMIを含む非小売事業からの収益は、前年同期の500万ドルに対し、2022年第2四半期は1,200万ドルだった。

売上総利益は、2021 年第 2 四半期の 3570 万ドルに対し、2022 年第 2 四半期は 2020 万ドルだった。売上総利益率は、前年同期と同水準の 28.5%だった。

2022 年第 2 四半期の店舗等営業費用は、前年同期の 1,260 万ドルに対して 1,380 万ドルだった。この増加は、主に前年同期に比べ店舗数が増加したことによるもので、費用削減により一部相殺された。

2022 年第 2 四半期の販売費及び一般管理費は、前年同期と同水準の 1,060 万ドルとなった。これは主に、買収により非小売業を追加したことによるもので、費用削減により一部相殺された。

2022 年第 2 四半期の GAAP 方式の税引前当期純損失は 1 億 3,670 万ドル、希薄化後 1 株当たり 2.24 ドルの損失となり、これに対して 2021 年第 2 四半期の税引前当期純利益は 960 万ドル、希薄化後 1 株当たり 0.11 ドルの利益となった。純利益の減少は主に、過去の企業結合で取得したのれんおよび無形資産に対する現金支出を伴わない減損費用1億2780万ドルによるものである。減損費用及び法人税等は暫定的なものであり、通常の四半期末会計処理の終了後、変更される可能性がある。

2022年第2四半期の非GAAPベースの金利・税金・減価償却費・償却費・株式報酬前利益(調整後EBITDA)は、前年同期の1450万ドルの利益に対し、290万ドルの損失となった。

2022 年 6 月 30 日現在の現金及び短期市場性証券は 6560 万ドルだった。2022年6月30日現在の棚卸資産は9,910万ドル、前払式棚卸資産およびその他の流動資産は920万ドルだった。

買掛金および未払賃金などの流動負債合計は、2021 年 12 月 31 日時点の 4710 万ドルから 2022 年 6 月 30 日時点では 3950 万ドルに減少した。


拡大への取り組み
当社のサプライチェーンは、14 州にまたがる既存拠点と新規拠点で契約したリースにより、約 958,000 平方フィートの小売・倉庫スペースに及んでいる。2022 年 7 月、当社はミシシッピ州に最初の店舗をオープンした。当社は7月に不採算の2拠点を閉鎖し、2022年末までにさらに3~5拠点を閉鎖する予定である。現在営業していない州を中心に、2022 年末までにさらに 3~4 店舗の新規出店を見込んでいる。


2022年3月期業績見通
2022年度の売上高ガイダンスを、前回の3億4,000万ドルから4億ドルの範囲から2億5,000万ドルから2億7,500万ドルに更新
調整後EBITDA損失ガイダンスは、前回予想の0百万ドルから10百万ドルの利益から減少し、12百万ドルから15百万ドルになると予想


グロージェン社について
グロージェン社は、水耕栽培と有機栽培の専門小売店を所有・運営している。現在、カリフォルニア州に23店舗、コロラド州に7店舗、ミシガン州に7店舗、メイン州に5店舗、オクラホマ州に6店舗、ワシントン州に3店舗、オレゴン州に4店舗、アリゾナ州に1店舗、ロードアイランド州に1店舗、フロリダ州に1店舗、ネバダ州に1店舗、ミシシッピー州に1店舗、ニューメキシコ州に1店舗、そしてマサチューセッツ州に1店舗と、62店舗の展開をしている。GrowGenはまた、栽培者向けのオンラインスーパーをgrowgeneration.comで運営している。GrowGenは、有機栄養剤や土壌、高度な照明技術、商業および家庭の栽培者が屋内外で使用する最先端の水耕栽培装置など、何千もの製品を取り扱い、販売している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。