キャノピー・グロースが2020年Q1決算を発表、売上約75億円を記録

08/14/2019
垂直統合型大麻企業大手のキャノピー・グロース(Canopy Growth Corporation, TSX:WEED, NYSE:CGC)は、2019年6月末に締めた2020年Q1の決算結果を報告した。
今期、キャノピー・グロースは、予想収穫量34,000kgに対し40,960kgを収穫。今回の収穫量は、ミラベル、デルタ、アルダーグローブなど2018年に計画された全施設がフル稼働したために実現したものであり、今後キャノピーはこれら施設の最適化とコストダウンを行なっていく。最適化への努力は売上への貢献だけでなく、マージン率の改善にも繋がって行くと考えられている。
今回の収穫によって、THC高含有カンナビスの生育能力をキャノピーが有することが証明され、またこのことによって、娯楽市場で高まりつつある高THC商品の低価格化への対応力も獲得できうることが証明された。また、娯楽大麻市場では引き続き好調なセールスを記録しており、新たな消費者を惹きつけている。

<2020年Q1決算ハイライト>

・2020年Q1決算での純売上は74.2億円(C$90.5M)を記録

・調整後EBITDAは前期より4.7億円(C$5.7M)増えて75.9億円(C$92M)となったが、これはアメリカでの製品製造の拡大も含む。

・カナダでの娯楽市場向け乾燥大麻花の売り上げは前期比で94%UP。

・今期40,960kgの大麻を収穫。これは予想を上回る収穫量で2019Q4比183%。

・医療大麻の国際市場での売り上げは2019年Q1と比較して209%となった。

・56件の知的財産を特許申請。業界トップのIP戦略で現在270出願しており111の特許を取得している。

Source;
https://www.canopygrowth.com/wp-content/uploads/2019/08/190810-Canopy-Growth-Reports-First-Quarter-Fiscal-2020-Financial-Results-FINAL.pdf

—————————
<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です