シカゴの垂直統合型大麻企業ベラノが33億円を調達

07/08/2020
シカゴを中心に全米12州14箇所で大麻販売、6箇所の大麻栽培施設を持つベラノ(Verano Holdings LLC)が、シカゴ・アトランティック・グループ(Chicago Atlantic Group, LLC)の関連会社であるグリーン・アイビー・キャピタル(Green Ivy Capital, LLC)から、33億円($30M)の新規シニア有担保タームローンファシリティによる資金調達を行なったことを発表した。このタームローンファシリティは、シカゴ・アトランティックの関連ファンドが主導し、他の機関投資家も参加している。

タームローン・ファシリティは期間2年の非分割型で、同ファシリティの下で発行されるローンには年15.25%の固定金利が付く。ベラノは、運転資金、有機的成長、および買収のために調達資金を使用予定。

米国イリノイ州シカゴに拠点を置くベラノは、米国12州に大麻販売拠点を置き、14の大麻薬局と6つの栽培・生産施設が稼働している。ベラノは、年末までに小売店の数を2倍に増やし、より多くの栽培・生産施設をオンライン化することを計画している。ベラノは2018年以降、外部からの資本調達を行っておらず、キャッシュフローと純利益はプラスとなっている。

シカゴ・アトランティックのプリンシパル、ジョン・マザラキスは、
「ベラノの成長計画をサポートできることにワクワクしています。彼らの強力な経営陣、ブランド、効率的な運営は、まさに私たちがパートナーに求めているものです。ベラノは大麻業界の明確なリーダーであり、収益性の高い成長に焦点を当てたユニークな企業であることが、この機会に私たちを惹きつけました。」
と述べている。

ベラーノのCEOであるジョージ・アーコスは、
「我々のビジョンを共有する資金調達パートナーとして、シカゴ・アトランティックと提携できたことを嬉しく思います。大麻業界において、彼らのユニークな立場とサポートが当社の成長に掛け合わさることを楽しみにしています。」
と述べている。

Source;
https://www.prnewswire.com/news-releases/chicago-atlantic-provides-30-million-credit-facility-to-verano-holdings-llc-301089502.html


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です