ベラノが過去最高の四半期売上$199Mを報告

08/10/2021
全米の複数州で大麻事業を展開するMSOのベラノ・ホールディングス(Verano Holdings Corp. (CSE: VRNO) (OTCQX: VRNOF))が、過去最高となる$199Mの四半期売上を記録。

<2021年第2四半期ハイライト>

・売上高は、2021年第1四半期比で39%、2020年第2四半期比で164%増加し、過去最高の1億9900万ドル。

・生物資産の影響を除いた調整前の売上総利益は、2021年第1四半期の8,800万ドル(売上高の61%)に対し、1億ドル(売上高の50%)。

・販管費は、2021年第1四半期の2,900万ドル(売上高の20%)に対し、5,300万ドル(売上高の27%)。

・生物学的資産の影響を含む純利益は700万ドルでした。生物学的資産の影響を除く純利益は、2021年第1四半期の800万ドルに対し、2021年第2四半期は3,200万ドル。

・第2四半期の調整後EBITDAは8,100万ドルで、売上高の41%。調整前のEBITDAは5,200万ドルで、売上高の26%。

・営業活動によるキャッシュフローは2,900万ドル、フリーキャッシュフローは400万ドル。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です