クロノス・グループがQ4および通期決算を発表

02/26/2020
垂直統合型大麻企業のクロノス・グループ(NYSE:CRON)が、2020年第4四半期および通期決算を発表。

予想売上高$13.3M 実績$17M ⭕️
予想EPS-$0.08 実績-$0.31 ❌

<2020年第4四半期ハイライト>

2020年第4四半期の純売上は、前年同期から970万ドル増加し、1,700万ドルとなった。前年同期比での増加は、主にカナダの成人用大麻市場での継続的な成長、イスラエルの医療大麻市場での販売、および米国セグメントの成長に牽引された。前年同期のカナダ市場での非経常的な卸売売上、および2020年第4四半期のカナダでの様々な成人用大麻製品の戦略的な価格引き下げによって一部相殺された。

2020年第4四半期の総損失は1490万ドルで、前年同期から520万ドル減少。前年同期比での損失の減少は、主に在庫評価損の減少と米国セグメントでの粗利益の増加に牽引された。カナダの成人用製品に関連した第三者が購入した大麻、および2020年第4四半期の卸売売上高が前年同期と比較して減少したことで相殺された。

2020年第4四半期に乾燥大麻と大麻エキスの在庫評価減1,500万ドルを発生させたが、これは主にカナダ市場における大麻製品の価格圧縮に起因するものである。市場での価格圧力により、さらなる在庫評価減が発生する可能性がある。

2020年第4四半期の調整後EBITDA損失は5,310万ドルで、前年同期から150万ドル拡大した。損失が前年同期比で増加したのは、主に一般管理費の増加と研究開発費の増加によるものだ。

2020年第4四半期の資本的支出は1,100万ドルで、前年同期から1,020万ドル増加した。前年同期比での増加は、主に当社のピースナチュラルズのキャンパス、クロノス発酵、イスラエルの施設、新しいERPシステムへの支出に牽引された。

<2020年通期ハイライト>

2020年通年の純売上は4,670万ドルで、2019年通年から2,300万ドル増加した。前年比での増加は、主にカナダの成人用市場での継続的な成長、2019年通年では117日であったレッドウッド事業の通年を含む米国セグメントの成長、イスラエルの医療市場での販売が牽引した。2019年通年のカナダ市場での非経常的な卸売売上、および2020年通年のカナダでの様々な成人用大麻製品の戦略的な価格引き下げによって一部相殺された。

2020年通期の総損失は2580万ドルで、2019年通期から820万ドル増加した。前年比での損失の増加は、主にカナダの成人用製品に関連した第三者が購入した大麻と、2020年通年の卸売り売上高が2019年通年と比較して減少したことによるものだ。一部相殺されたが、レッドウッド事業の通期業績による米国セグメントの売上総利益の増加、およびROWセグメントの在庫評価損の減少により、米国セグメントの売上総利益が増加した。

カナダ市場における大麻製品の価格圧縮により、乾燥大麻および大麻エキスの在庫評価減2610万ドルを2020年通年で計上。市場での価格圧力により、さらなる在庫評価減が発生する可能性がある。

2020年通期の調整後EBITDA損失は1億4730万ドルで、2019年通期から4890万ドル増加した。前年比での損失の増加は主に、粗損失の増加、一般管理費の増加、ブランド開発に関連する販売・マーケティング費用の増加、研究開発費の増加によるものだ。

2020年通期の資本的支出は3540万ドルで、2019年通期から360万ドル減少。前年比での減少は、主に当社のPeace NaturalsキャンパスおよびCronos Israelでの支出の減少によってもたらされた。Cronos Fermentationでの支出の増加により一部相殺された。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です