グロージェネレーションがQ4及び通期決算を発表

03/01/2022

<要点>
EPS予想 -$0.09 実績 -$0.07 ⭕️
売上予想 $90.81M 実績 $90.6M ❌

・2021年の売上高は過去最高の4億2250万ドル、調整後EBITDAは3450万ドル。
・Q4の売上高は前年同期比46%増の9,060万ドル、2021年通期では前年比119%増の4億2,250万ドル。
通期の純利益は、前年の530万ドルに対し、1280万ドル。
・Q4の純損失は410万ドル(前年同期は150万ドルの純利益)。
・調整後EBITDAは、Q4は190万ドルの損失だったが、2021年通年では82%増の3450万ドル。
・2022年通年の売上ガイダンスは4億1500万ドルから4億4500万ドルの範囲、調整後EBITDAは3000万ドルから3500万ドルを見込んでいる。
・2022年にGrowGenerationガーデンセンターを新たに15~20店舗開設する予定。

全米13州に63カ所の拠点を持つ水耕栽培・有機栽培専門ガーデンセンター・チェーンであるグロージェネレーション:GrowGeneration Corp.(NASDAQ:GRWG)は、記録的な第4四半期および2021年通年の財務実績を報告した。売上高は、2021年第4四半期が前年同期の6190万ドルに対して9060万ドル、2021年通期が2020年通期の1億9340万ドルに対して4億2250万ドルと、買収による寄与を含めて118%増となった。
また、2021年第4四半期のGAAPベースの純損失は、前年同期の150万ドルの純利益に対して410万ドルとなった。第4四半期の希薄化後1株当たり損失は、前年同期の0.03ドルに対し、-0.07ドルだった。2021年12月31日に終了した12ヶ月間のGAAPベースの純利益は、2020年12月31日に終了した12ヶ月間の純利益530万ドルに対し、1280万ドルとなった。
非GAAPベースの金利・税金・減価償却費・償却費・株式報酬前利益(調整後EBITDA)は、前年同期の550万ドルの利益(希薄化後1株当たり0.11ドル)に対して、2021年第4四半期は190万ドルの損失(希薄化後1株当たり-0.03ドル))となっている。
2021年12月31日に終了した12カ月間の調整後EBITDAは3450万ドル、これに対し2020年12月31日に終了した12カ月間は1890万ドルで、1560万ドル(82%)の増加となっている。

グロージェンの共同創業者兼CEOであるダレン・ランパートは、
「グロージェンのチームは、大麻業界全体に影響を与えている厳しいマクロ環境が続いているにもかかわらず、力強い1年を送れました。26拠点の既存店売上高は、2021年第4四半期に前年比(12.3)%減少しました。
2021年通年の既存店売上高は、前年比24.4%でした。現在、63ヶ所の小売店舗が稼動しています。値上げを先取りするためにすべての主要製品カテゴリーで在庫ポジションを増やしたほか、プライベートブランドの仕入れをより拡大しました。第4四半期のプライベートブランドおよび自社開発製品の売上高は、当社全体の約7.5%に達しています。
アグロンを含む当社のオンラインマーケットプレイスは、2021年の売上高が3620万ドルに達しました。買収した拠点に加え、2021年にはロサンゼルス都市圏に2つのグリーンフィールドをオープンし、来年については、新規および既存の州に15~20の拠点をオープンすることを視野に入れています。
2022年以降に向けて会社を位置づけるため、マージンの改善とEBITDAを推進するためのいくつかの戦略的決定を行いました。2021年12月31日現在、当社のバランスシートは8100万ドルの利用可能な流動性を有し、強固な状態を維持しています。現在の事業に対する見解と米国市場全体で続く課題を考慮し、2022年の通年売上は4億1,500万ドルから4億4,500万ドルと予想しているます」
と述べている。

<2021年第4四半期の財務ハイライト(2020年第4四半期との比較)>

・2021年Q4の純売上は、前年同期の6,190万ドルに対して 46%増の9,060 万ドル。

・2020年および2021年同期にオープンした26店舗の既存店売上高は、前年同期の4,600万ドルに対し、2021年第4四半期は4,030万ドルとなり、前年同期比で12.3%の減少。

・2021年Q4の売上総利益率は25.5%で、前年同期の25.8%から30ベーシスポイント減少。

・GAAPベースの純損失は410万ドル、希薄化後の株式数5,840万株に基づいて1株当たり-0.07ドル、これに対して前年同期は純利益150万ドル、希薄化後の株式数5,160万株に基づいて1株当たり0.03ドルであった。

・2021年第4四半期の調整後EBITDAは、前年同期の550万ドルの利益に対し、190万ドルの損失となった。

・Power SiとChar Coirを含むプライベートブランドおよび自社ブランドの売上は、前年同期の0.5%に対し、2021年第4四半期は7.5%となった。

・アグロンの売上を含むEコマースの売上は、前年同期の320万ドルに対し、770万ドルだった。

・2021年12月31日現在の現金および短期証券は、8120万ドル。

<2021年通期財務ハイライト>

・2021年12月31日に終了した12ヶ月間の純収益は、2020年12月31日に終了した12ヶ月間の1億9340万ドルに対し、4億2250万ドルとなり、2億2910万ドル(118.5%)の増加。

・売上総利益率は、2020年12月31日に終了した12ヶ月間の26.4%に対し、2021年12月31日に終了した12ヶ月間の28.0%と 160bpの上昇となった。

・2021年通期のGAAPベース純利益は、前年の純利益530万ドルに対して、1280万ドルとなった。

・2021年通期の調整後EBITDAは3450万ドルで、前年は1890万ドルで、1560万ドル(82%)増加した。

<M&A活動>
グロージェンは、2021年第4四半期に以下の水耕栽培機器及び有機栽培園芸センターを買収した。

・2021年10月12日、水耕栽培システム、照明、栄養剤に特化した屋内外ガーデン用品センターであるIndoor Store, LLC(以下、All Seasons Gardening)の資産を買収。オールシーズンズ・ガーデニングは、ニューメキシコ州で最大の水耕栽培の小売業者。

・2021年12月31日、移動棚を有するMobile Media, IncおよびMMI Agriculture(以下「MMI」)の資産を購入。

・2022年1月31日には、ユタ州オグデンを拠点とする園芸用品の専門マーケティング・販売組織であるHorticultural Rep Group(HRG)の買収を完了。

<拡大への取り組み>
・当社のサプライチェーンは、13州にまたがる約895,000平方フィートの小売・倉庫スペースに広がっている。

・2022年1月には、オクラホマ州アードモアに新店舗をオープンし、全国で63店舗目、オクラホマ州では6店舗目の出店となる。

<2022年通期見通し>

売上は、2021年ガイダンスの4億2250万ドルに対し、4億1500万ドルから4億4500万ドルの範囲に。
調整後EBITDAは、2021年ガイダンスの3,450万ドルに対し、3,000万ドルから3,500万ドルの範囲に。

*注:売上高とEBITDAのガイダンス指標には、MMIとHRGを含む2021年と2022年に完了した買収と出店が含まれているが、未発表の買収は含まれていない

グロージェネレーション社について:
グロージェネレーション社は、水耕栽培と有機栽培の園芸専門店を所有・運営している。現在、カリフォルニア州に23店舗、コロラド州に8店舗、ミシガン州に7店舗、メイン州に5店舗、オクラホマ州に6店舗、オレゴン州に4店舗、ワシントン州に3店舗、ネバダ州に2店舗、アリゾナ州に1店舗、ロードアイランド州に1店舗、フロリダ州に1店舗、マサチューセッツ州に1店舗、およびニューメキシコ州に1店舗を展開しており、合計63店舗を有している。GrowGenerationはまた、栽培者のためのオンラインスーパーgrowgeneration.comを運営している。 GrowGenerationは、有機栽培用の栄養剤や土壌、高度な照明技術、最新の水耕栽培装置など、何千もの製品を取り扱い、商業栽培者や家庭栽培者が屋内および屋外で使用できるよう販売している。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。