GQ-Pharma

GWファーマが結節性硬化症に対するCBDの治験経過を報告

12/11/2019
てんかん治療薬のエピディオレックスを開発するGWファーマ(GW Pharmaceuticals plc, Nasdaq:GWPH)とその米国法人のグリーンウィッチ・バイオサイエンス(Greenwich Biosciences)は、全米てんかい学会の年次総会において、結節性硬化症(TSC)に関連するてんかん症状のフェーズ3の治験結果を報告した。
治験では、エピディオレックス(EPIDIOLEX®)を25mg/kg/日、50mg/kg/日、経口投与した患者群で、それぞれてんかん症状が49%減少(25mg/kg/日)、48%(50mg/kg/日)となり、プラセボ群(27%; p=0.0009, p=0.0018)に対しても顕著な減少効果が見られたとのこと。

ボストンのハーバードメディカルスクールの神経学教授で、今回の治験の主任研究員でもあるエリザベス・ティーレ医学博士は、
「結節性硬化症の神経学的特徴であるてんかんは、小児では稀で重度です。また患者の3分の2が治療抵抗性発作を経験します。今回の治験結果は患者にとって、高純度のCBD薬品が大変有効であることを示しています。」
と述べている。

GWファーマのジャスティン・ゴーバーCEOは、
「TSCに由来するてんかんを減少させることができたこの治験は、エピディオレックスの持つポテンシャルを示すものです。てんかん症状に苦しむ患者様や医療機関に対し、素晴らしい報告となったと思います。」
と述べている。

Source;
http://ir.gwpharm.com/news-releases/news-release-details/greenwich-biosciences-gw-pharmaceuticals-company-presents-new


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です