アイアンサス傘下のCBDフォー・ライフが全米のディラーズ店舗で取扱を拡大

07/11/2019
全米でCBD製品の販売を手がけるアイアンサス(iAnthus Capital Holdings, Inc, CSE:IAN, OTCQX:ITHUF)傘下のCBDフォーライフ(CBD For Life)は、自社の健康美容向けCBD製品をディラーズ(Dillard’s)265店舗(29州)に展開する。初期オーダーは、CBD入りのマッサージオイルやロールオンオイル、乳液、洗顔料、ボディクレンザー、バスボムなどが含まれている。また、CBDフォー・ライフのCBD製品はディラーズのウェブサイトでも購入可能だ。

CBDフォー・ライフのベス・スタボラ共同創業者は、
「全米でも広く受け入れられているファッションストアのディラーズの商品棚に我々のCBD製品がフューチャーされることにワクワクしております。ディラーズの持つ幅広い顧客層へアプローチできることによって、美容健康分野でCBDフォー・ライフの名前がどの家庭でも受け入れられるブランドへと昇華することに近づけたと感じています。」
と述べている。

CBDフォー・ライフは、ナチュラルで高級、且つ効果的なCBD製品を美容健康分野に投入しており、使用しているCBDは、全て産業用ヘンプの茎から抽出された99%ピュアCBDとなっている。ニュージャージーに本社および大規模製造能力を持ち、全てのCBD製品は、95%が自然物質由来で構成されている。遺伝子組換成分、パラベン、フッ素、人工着色料などは一切使用していないとのことで、また動物実験も行なっていない。

アイアンサスは垂直統合型大麻企業で、全米11州で事業展開しており、23のディスペンサリーを展開している。

Source;
https://www.ianthus.com/news-events/press-releases/detail/125/ianthus-subsidiary-cbd-for-life-continues-to-expand

—————————
<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です