IIPRR、NJ州の物件を取得し、AWH社との不動産パートナーシップを拡大

02/13/2022
ニューヨーク証券取引所(NYSE)初の唯一の大麻不動産REIT会社であるイノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズ(IIPR)は、ニュージャージー州の物件の取得を完了し、アセンド・ウェルネス・ホールディングス(AWH)の子会社との間で長期リース契約を締結したことを発表。(AWH)の子会社との間で、同物件の長期リース契約を締結した。
この物件の購入価格は3,540万ドル(取引費用を除く)。AWH社は、この約114,000平方フィートの物件を規制対象の大麻栽培・加工施設として使用するために、追加の改良を行う予定で、IIPRはこれに対して最大460万ドルの償還を行うことに合意している。これにより、IIPRは最大460万ドルの償還を行うことに合意している。テナントの改善費用が全額償還された場合、IIPRの本物件への投資総額は4,000万ドルになる見込みである。AWH社は、2023年末までにニュージャージー州の栽培施設全体を拡張し、ラボ、キッチン、15万平方フィートのキャノピーを設ける予定である。
IIPRは、このニュージャージー州の物件の他に、イリノイ州、マサチューセッツ州、ミシガン州の3つの物件を所有し、AWHにリースしている。IIPRのAWHへのリース物件への投資総額は、将来のテナント改善のための資金提供の約束を含めて、約1億7,975万ドルに相当する。
IIPRは、規制対象となる大麻産業向けの不動産投資信託(REIT)の先駆者として、経験豊富な規制対象の大麻事業者と提携し、その不動産資産の取得やリースバックを行うことで、資本源としての役割を果たすとともに、不動産をベースとしたその他の創造的な資本ソリューションを提供している。

ポール・スミザー(IIPR社長兼最高経営責任者)は、
「IIPRは、2018年以来、AWHの長期的な不動産パートナーであり、アブナーと彼のチームとの関係を再び拡大できることに興奮している。
AWHチームは、最高品質の大麻製品とサービスを患者さんやお客様にお届けすることで差別化を図り、ニュージャージー州をはじめとする規制の厳しい大麻市場において、驚異的な戦略的フットプリントを展開している。」
と述べている。

AWH社は、イリノイ州、ミシガン州、オハイオ州、マサチューセッツ州、ニュージャージー州に資産を持ち、約1,500人の従業員を擁する垂直統合型の大麻上場企業である。AWH社は、最先端の栽培施設を所有・運営し、受賞歴のある品種を栽培し、オゾンブランドの製品を含む厳選された製品を生産している。ニュージャージー州では、AWHは現在、モントクレアとロッシェルパークで2つの薬局を運営しており、2022年の晩春にはフォートリーにも薬局をオープンする予定である。

AWH最高経営責任者兼共同創業者 アブナー・カーティン氏は、
「AWHの変革期において、IIPRとの長期的な不動産パートナーシップを非常に重視しており、緊密に協力して最適な不動産資本ソリューションを提供することで、長期にわたる事業拡大を推進してきました。
IIPRのパートナーシップにより、ニュージャージーでの生産能力を大幅に強化し、受賞歴のある製品と卓越したサービスをニュージャージー州の患者さんやお客様にお届けできることを楽しみにしています」
と述べている。

ニュージャージー州では近年、医療用大麻プログラムを州内の患者に拡大するために積極的な取り組みが行われている。これには、オイルベースの製剤を可能にするための規則改正や、PTSD、不安神経症、偏頭痛、特定の慢性疼痛など7つの対象疾患の追加が含まれる。さらに、ジェイク・ホーニグ慈悲深い使用のための医療大麻法が可決され、大麻患者の1ヶ月の使用限度量の増加、医師助手や上級看護師による患者への医療大麻の推薦、成人患者への大麻薬の調合などが認められ、プログラムが拡張された。
また、フィル・マーフィー知事は、2021年2月に「ニュージャージー州大麻規制・施行・支援・市場近代化法(CREAMMA)」に署名し、成人用の大麻を合法化した。2021年8月、ニュージャージー州の大麻規制委員会は、初期の規則を採択した。MJBizDailyによると、ニュージャージー州の規制対象である成人用大麻の売上は、プログラム開始4年目までに21億ドルに達すると予想されている。IIPRは、ニュージャージー州に規制対象の大麻栽培・加工施設を3カ所、ディスペンサリーを1カ所所有しており、投資総額は約9,000万ドルになる。これには、IIPRが将来的に特定の施設を改良するための資金を提供するという約束が含まれている。

2022年2月10日現在、IIPRは、アリゾナ州、カリフォルニア州、コロラド州、フロリダ州、イリノイ州、メリーランド州、マサチューセッツ州、ミシガン州、ミネソタ州、ミズーリ州、ネバダ州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、ノースダコタ州、オハイオ州、ペンシルバニア州、テキサス州、バージニア州、ワシントン州に、総賃貸可能面積約790万平方フィート(開発・再開発中の約250万平方フィートを含む)の105件の不動産を保有している。2022年2月10日時点で、IIPRはポートフォリオ全体で約21億ドルの投資を行っている。これには、これまでに投資した資本金(取引費用を除く)と、IIPRの物件の将来の建設やテナントの改善のための追加の資本金のコミットメントが含まれる。これらの統計には、カリフォルニア州の規制対象となる大麻栽培・加工施設の建設のためにIIPRがデベロッパーに貸し付けた1,850万ドルや、IIPRのペンシルバニア州の物件のテナントとのリース契約に基づき2022年6月15日から2022年7月31日の間に調達される可能性のある最大5,500万ドルは含まれていませんが、これらの物件のテナントは、IIPRがこれらの資金を支出し、それに対応するベース・レントをIIPRに支払うことを選択しない可能性がある。

イノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズについて:
イノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズ社は、メリーランド州の自己資金で設立された会社で、経験豊富な州の認可を受けた事業者が規制対象となる大麻施設に賃貸する特殊な工業用不動産の取得、所有、管理を主な業務としている。イノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズ社は、2017年12月31日に終了した会計年度から、不動産投資信託として課税されることを選択した。追加情報は、www.innovativeindustrialproperties.comへ。

AWHについて:
AWH社は、イリノイ州、ミシガン州、オハイオ州、マサチューセッツ州、ニュージャージー州に資産を有する垂直統合型の事業者である。AWH社は、最先端の栽培施設を所有・運営し、受賞歴のある品種を栽培し、厳選された製品を生産している。AWHは、オゾンブランドの製品を製造・販売している。より詳しい情報は、www.awholdings.comへ。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。