マリメッドが22年第2四半期決算を発表

NORWOOD, Mass, Aug. 08, 2022 (GLOBE NEWSWIRE) — マリメッド(「マリメッド」または「当社」)(CSE: MRMD)(OTCQX: MRMD)は、毎日生活を改善することに焦点を当てた複数州の大手大麻運営会社の2022年6月末第2四半期の財務結果を本日発表した。


「マリメッドの最高経営責任者であるボブ・ファイアマンは、
「当社は戦略的計画を実行し、前年同期比、前四半期比ともに収益を拡大した。業界全体が逆風にさらされ、米国のインフレ率が40年ぶりの高水準にあるにもかかわらず、当社の薬局への来店が増加したことが成長の原動力となった。当社は、業界トップクラスの好業績を続けており1、2023年以降も収益成長を加速させる態勢を維持している。」
と述べている。


財務ハイライト
2022 年及び 2021 年6月 30 日に終了した第1四半期の連結財務ハイライトは以下のとおりである(単位:百万ドル、% を除く)。

2022年 売上高 $ 33.0、 21年$ 32.6
2022年 売上総利益率 45 % 、 21年60%
2022年 GAAPベースの純利益 $ 19、 21年 $ 7.6
2022年 非GAAPベースの調整後EBITDA $ 8.9、 21年 $ 13.9
2022年 非 GAAP 方式の調整後 EBITDA マージン 27 %、 21年 43 %。
2022年 運転資本 $ 8.9 、 21年$ 13.9


電話会議
マリメッドの経営陣は、2022年8月9日(火)午前8時(米国東部時間)にカンファレンスコールを開催し、本決算について説明する予定である。カンファレンス・コールは、マリメッドの投資家向けウェブサイトから、以下のリンクをクリックしてアクセスできる。MariMed Q222 Earnings Call.


第2四半期オペレーションのハイライト
当第2四半期は、戦略的成長プランに基づき、以下の施策を実行した。

4 月 27 日:メリーランド州ヘイガーズタウンにある 18 万平方フィートの施設で大麻、濃縮物、食品などの栽培、生産、卸売販売を専門とするカインド・セラピューティック USA の買収を完了した。マリメッド社はアナポリスに薬局を開設中であり、これにより当社の事業は同州で完全に垂直統合されることになる。

5月5日:イリノイ州の卸売「クラフトグロウ」ライセンスの取得を完了し、最終認可を取得した。その後、イリノイ州マウントバーノンに栽培・加工施設を取得し、建設に着手。

5月18日:マリメッドは、オハイオ州薬学委員会から仮調剤所免許を取得することが決定したと発表した。これにより、当社はオハイオ州ティフェンに医療用調剤所を建設し、2023年に運営を開始する予定である。オハイオ州は、マリメッドが大麻を所有または管理している6番目の州となる。

6月29日 当社は、受賞歴のあるBetty’s Eddiesフルーツチューを、今年後半からメイン州の成人用大麻市場に販売するライセンス契約をパートナーと締結したことを発表した。このライセンス契約は、Betty’s Eddiesをメイン州の医療用大麻市場に販売するために、すでに別のパートナーと締結しているライセンス契約に追加されるものである。


その他の事業展開
第2四半期末以降に、以下の事業展開を発表した。

7月12日:マリメッドは、カナダ証券取引所(CSE)に普通株式(銘柄名:MRMD)をデュアル上場することを発表した。経営陣は、CSEへの上場を機に、カナダおよび北米の機関投資家および個人投資家がMariMedの株式を容易に取得できるようになると考えている。すでに、新たな機関投資家による当社株式の取得も確認されている。

7月18日:マリメッド社は、メリーランド州にある最新鋭のキッチンの拡張が承認されたことを発表した。この約10倍の拡張により、Betty’s Eddiesフルーツチュー、Bubby’s Baked、Kalm Fusion、Vibationsドリンクミックスなど、受賞歴のあるすべてのブランド製品を生産することが可能になった。また、メリーランド州の医療用大麻市場向けにグミの新ラインを発表した。

8月4日:ボストンを拠点とするEmack & Bolio’s® アイスクリーム会社と共同で、新しいBetty’s Eddies アイスクリームを発売することを発表した。Betty’s Eddiesアイスクリームは現在、マサチューセッツ州の一部の大麻薬局で、乳製品とビーガンの両方の選択肢を提供している。

8月8日:当社は、イリノイ州の中央東部、インディアナ州との境界で条件付き薬局ライセンスを取得したことを発表した。開業後は、イリノイ州で5店舗目のスライブブランドの調剤薬局を所有・運営することになる。マリメッドは現在、アンナ、ハリスバーグ、メトロポリス、マウントバーノンの4カ所で成人向け薬局を所有・運営している。


2022年の財務ガイダンスを更新

マリメッドは、実績ある戦略的成長計画に引き続き取り組み、大麻業界で最も高い利幅とリターンを誇る大麻施設を運営し続けている。2022年の当社の財務目標の修正は以下の通りである。

売上高は、従来の145百万ドルから150百万ドルに対し、135百万ドルから140百万ドル。
売上総利益率は、従来の54%から55%に対し、約50%。
非GAAPベースの調整後EBITDAは、従来の4,700万ドルから5,200万ドルに対して、3,500万ドルから4,000万ドル。
資本支出は、前回目標の2,500万ドルに対し、1,800万ドル。

マリメッド社の最高財務責任者(CFO)であるスーザン・ビラレは、次のように述べている。
「第2四半期は、業界とマリメッドにとって、主に当社ではコントロールできないいくつかの課題が発生した。私たちは、積極的に行動し、薬局への来店を促進するとともに、複数の新製品を発売し、卸売事業における売上を増加させることができました。私たちが行っている財務および経営上の意思決定は、近い将来およびそれ以降の成長を加速させるためのものであると確信している」
と述べている。


マリメッドについて
マリメッド社は、複数の州で大麻を取り扱う企業で、高品質の製品、行動、価値観を通じて、日々の生活を向上させることに専心している。当社は、園芸原則、大麻栽培、大麻入り製品、薬局運営において優れたモデルとなる、種子から販売までの州認可大麻施設を開発、所有、管理している。マリメッド社は経験豊富な経営陣を擁し、当社とその傘下の事業部門に一貫した成長と成功をもたらしてきた。当社の技術者が生み出した独自の製剤は、Betty’s Eddies、Nature’s Heritage、Bubby’s Baked、K Fusion、Kalm Fusion、Vibationsなどのトップセラーや受賞歴のある製品・ブランドに組み込まれている。ハイ+エナジー 詳細については、www.marimedinc.com をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。