大手ディスペンサリーのPlanet13が好調なQ3決算を発表

11/27/2020
ラスベガスを拠点として大型大麻ディスペンサリーを運営するプラネット13(Planet 13 Holdings Inc, CSE:PLTH, OTCQB:PLNHF)が好調な第3四半期(Q3)決算を発表した。

<ハイライト>

・売上高は、前年同期1,670万ドルに対し、2,280万ドル(36.5%増)となった。

・生物学的調整前の売上総利益は、前年同期990万ドルに対し、1,300万ドル、31.4%の増加となった。

・非現金報酬費用および減価償却費を除いた営業費用は720万ドル(前年同期比7.9%増)となった。

・税引前純利益は、前年同期30万ドルに対し、340万ドルととなった。

・純利益は、前年同期の純損失170万ドルに対し、200万ドルの黒字となった。

・調整後EBITDAは、前年同期340万ドルに対し、640万ドルとなった。

Planet 13の共同最高経営責任者(Co-CEO)であるLarry Scheffler氏は、
「第3四半期の業績は予想を上回り、過去最高の売上高を記録しました。現在進行中の世界的なパンデミックの影響を受け、ラスベガスのスーパーストアのキャパシティが50%にとどまっているにもかかわらず、COVID以前の四半期と比較して36%の増収を達成しました。これは、プラネット13のビジネスモデルの強さと、地元のお客様にサービスを提供する能力を確保するために実施したオペレーション改善の成功の証です。ラスベガスが通常に戻り、経済が回復するにつれ、スーパーストアでの収益を伸ばし、ラスベガスの地元のお客様への売上を増加させるために、さらなる戦略的な取り組みを行っていきます。」
と述べている。

Source;
https://irdirect.net/prviewer/release_only/id/4542682


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です