ベイカーなどを抱えるティルト・ホールディングスが最大137億円の転換社債を発行

07/16/2019
大麻企業へのビッグデータ解析を提供するベイカー(BAKER)などを抱え、大麻企業に複合サービスを展開しているティルト・ホールディングス(TILT Holdings Inc, CSE:TILT,OTCQB:SVVTF)が、トロントを拠点にする投資会社のUDPなどを筆頭に最大137億円($125M)の転換社債を発行。8月までにデューデリが行われ取引完了する予定。

暫定CEOのマーク・スキャッターデイは、
「今回の資金調達は、ティルトの目指すビジョンの実現と利益性追求、事業拡大のためのフリーキャッシュの充実につながります。既存の債務に対して大幅に改善された条件での資金調達となり、当社の資産価値および、新経営陣の透明性の高い事業運営に対する投資家からの支援を反映しています。また、新しいリーダーシップの元、資金が最大限有効に活用されるよう、組織全体にわたる緊急のコスト削減策を実施しました。今回調達する最小55億円($50M)を活用し、潜在的に眠る収益性を確保し、キャッシュフローをプラスにします。今回の資金調達で、ティルトは有機的成長と企業買収での成長の両機会を利用することができ、大麻産業分野でトップの収益を生み出す企業としての地位を固めることができます。今後、現在進行中の包括的な計画や最近の経営陣の刷新、および8月の第2四半期の決算結果について、より多くの情報を皆さまに共有することを楽しみにしています。」
と述べている。

Source;
https://investors.tiltholdings.com/press-releases/detail/52/tilt-holdings-announces-u-s-125-million-convertible-note

—————————
<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

関連記事

大麻データ企業・ TILTが第1四半期売上は37.8億円と発表... 5/31/2019 大麻企業やディスペンサリーにPOSやCRMデータなどのビッグデータを提供するBaker等を抱えるティルト・ホールディングス(TILT Holdings Inc, CSE:TILT, OTCQB:SVVTF)が2019年第1四半期決算を発表した。 <決算ハイライト> ...
大麻・カンナビス企業/売上トップ40ー2019年7月... 08/10/2019 アメリカとカナダの証券取引所に上場されているグリーンラッシュを牽引する大麻関連企業40社の四半期売上げをカンナビストック・ジェーピーで円換算しランキング掲載しております。 エピディオレックスの販売が好調なGWファーマがトップに躍進。マリメッドが新たにランクインし、6月末...
大麻・カンナビス企業/売上トップ40ー2019年6月... 07/01/2019 アメリカとカナダの証券取引所に上場されているグリーンラッシュを牽引する大麻関連企業40社の四半期売上げをカンナビストック・ジェーピーで円換算しランキング掲載しております。 上位企業にはそれほど変動は見られないが、新たにランクインしてきたのは、C21インベストメンツ、フ...
大麻・カンナビス企業/売上トップ40ー2019年5月... 06/01/2019 アメリカとカナダの証券取引所に上場されている大麻関連企業40社の四半期売上げをカンナビストック・ジェーピーで円換算しランキング掲載しております。 上位企業にはそれほど変動は見られないが、新たにランクインしてきたのは、ティルト・ホールディングス、コロンビア・ケア、アイア...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です