Elixinol Revenue for Q2 2018

ザ・バレンズ・カンパニー、2022年度Q1決算を発表

04/13/2022
ザ・ヴァレンス・カンパニー:The Valens Company Inc.(TSX: VLNS) (Nasdaq: VLNS) が、2022年2月28日までの第1四半期会計年度の決算を報告。
<ハイライト>
・売上は、2021年第4四半期の1840万ドルから前四半期比26.1%増の2320万ドルへ。売上の主な要因は、2022年第1四半期に2021年第4四半期と比較して36.7%増加した地方売上高である

・2022年第1四半期は、Valensの基本的なビジネスが変曲点を通過したことを実証している

・2022年2月時点で市場シェア3.1%、カナダにおけるライセンス生産者トップ10入りを果たす

・地方販売とグリーンロードのB2C収益ラインが、2022年第1四半期の売上の68.5%を占めた

・バレンズは、2022年第4四半期までに調整後EBITDAを黒字化するという目標を改めて表明


ザ・ヴァレンズ・カンパニーの最高経営責任者、共同創設者兼会長であるタイラー・ロブソンは、
「第1四半期の結果は、ヴァレンズの基礎となるビジネスが変曲点を通過したことを実証しています。ヴァレンズは、市場における多くの逆風にもかかわらず、力強いトップラインの成長を遂げました。この業績は、地方販売、B2B LP販売、グリーンロード販売など、ヴァレン社の現在の多様な事業ラインの重要性を補強しています。ビジネスラインの多様化により、より持続的な成長が可能になりました。この点については、VersusとContrabandの発売により、レクリエーション市場のシェアを拡大し続け、第4四半期も地方販売で好調な業績を達成しました。また、B2B事業が成長を取り戻したことも喜ばしく思っています。業界と経済の両方が逆風の中、パートナーが製造プロセスを最適化することで、このプラットフォームが引き続き強化されると楽観視しています。グリーンロードの米国CBD事業は、12月が歴史的に最も低調な月であるなど、通常の季節的傾向による小幅な減収となりました。
予想通り、調整後EBITDAは前四半期比で減少しました。これは、2月末に発表した統合イニシアチブの効果がまだ出ていない非効率なコスト構造と、利益率の高いグリーンロード事業の売上比率が下がり、B2B顧客からの売上比率が高まるという売上構成の変化のためです。また、B2Bチャネルにおける高価格帯の在庫を処分し、将来見込まれる成長を支えるために保有 在庫の組み替えを行いました。これらの要因により、当四半期の売上総利益率は低下しました。重要なことは、当四半期末以降、統合に向けた施策の効果がすでに現れており、下半期にはコスト構造の改 善を実現できる見込みであることです。また、当四半期において、小売価格の大幅な引き下げやサプライチェーンコストの増加にもかかわらず、地方 の売上で売上総利益率が改善したことは心強いことでした。
全体として、当社の事業は2022年の目標達成に向けて順調に推移しており、2022年第4四半期に調整後EBITDAでプラスを達成するという目標を改めて表明します。」
と述べている。


<2022年度第1四半期のハイライト>

・純売上高は、2021年第4四半期の1840万ドルから26.1%増の2320万ドルとなり、第1四半期の総売上高の73.7%を占めるカナダの好調な事業が寄与した

・州別売上高は、2021年第4四半期の790万ドルから2022年第1四半期は1080万ドルに36.7%増加した。この増加は、シチズン・スタッシュの最初の通期業績が連結されたこと、およびヴァレンズが新たに発売したブランド製品が売上の大半を占めたことによるものである
グリーンロードの収益は、主に季節的な傾向(歴史的に12月が1年で最も低調な月)によるもので、2021年第4四半期の570万ドルから2022年第1四半期には510万ドルと前四半期比10.5%減少した

・B2Bは2021年第4四半期の410万ドルから2022年第1四半期は53.7%増加し630万ドル。増加の主な要因は、新規顧客の追加とオンボーディング、および高価格帯の在庫のマネタイズである

・その他の収益源には、Valens Labs、Pommies、国際収益が含まれ、2021年第4四半期の0.7百万ドルから2022年第1四半期には42.9%増加し、1.0百万ドルとなった。この増加は、主に海外収入の増加によるものである。

・Valens社は、カナダにおけるライセンス生産者の中で、マーケットシェアでトップ10に入りした。
 ・Hifyreのデータに基づくアルバータ、ブリティッシュ・コロンビア、オンタリオ、サスカチュワンにおける2021年11月の全体市場シェア2.4%に対し、2022年2月には3.1%となり、第10位にランクされた。
・9位、2022年2月の食用市場シェアは3.3%、2021年11月のアルバータ、ブリティッシュ・コロンビア、オンタリオ、サスカチュワンのHifyreデータに基づくと2.7%となる。

・4位、2022年2月の大麻入り飲料の市場シェアは11.1%、2021年11月のアルバータ、ブリティッシュ・コロンビア、オンタリオ、サスカチュワンは9.3%(Hifyreのデータによる)

・9位 2022年2月の花市場シェアは3.5%、2021年11月のアルバータ、ブリティッシュ・コロンビア、オンタリオ、サスカチュワンは2.5%(Hifyreのデータによる)

・Hifyreのデータによると、2022年の最初の2ヶ月間、アルバータ、ブリティッシュ・コロンビア、オンタリオ、サスカチュワンのすべての製品カテゴリーでBC God BudがベストセラーSKU第1位となった

<事業コストの効率化>
ヴァレンス社は、年間1,000万ドルのコスト効率化のうち、約950万ドルを実行に移し、大きな進捗を遂げている。これらの効果は、一時的なコストを考慮した後、2022年度第2四半期末に実現し、大部分は2022年度下期に実現する見込みである。
アクションした950万ドルのうち、約67%にあたる640万ドルは販売管理費によるコスト削減で、そのうち約半分は買収のシナジー効果によるもの、残りはヴァレンス社の組織再編に関連するものである。これは、一時的な費用を考慮した上で、今後の四半期において販 売費・一般管理費にプラスの影響を与えるものと見込んでいる。約33%(310万ドル)は、自動化、プロセスの標準化、サプライヤーの最適化などの業務効率化によるもので、下半期の利益率にプラスに働くと予想される。ヴァレンスでは、2022年度第4四半期末までに年換算で合計2,000万ドルのコスト削減を達成する予定である。

<2022年度第1四半期の企業・事業ハイライト>
・ナスダック・キャピタル・マーケットでの取引を開始し、2022年以降、流動性の向上、企業の認知度向上、幅広い株主層の獲得に向け、バレンズとその株主を位置づけている。

・成人向けレクリエーション市場のポートフォリオを強化し、2つの新ブランド「Versus」と「Contraband」を立ち上げ、それぞれバリュー市場とプレミアム市場のターゲット消費者のニーズに対応するよう設計。Versusの発売は、2021年9月のValensによるVerse Cannabisの買収と、それに伴うバリューブランドの消費者層との整合性を高めるための再ポジショニングを受けたものである。Contrabandの発売は、Citizen Stashの買収に続き、そのプレミアム遺伝子のカタログを活用し、急成長するプレミアム市場セグメントで進化する消費者層へのリーチを拡大するものである。

・ポミーズ施設の立ち上げ以来、初の飲料製造パートナーシップ契約を締結し、大麻入り飲料の初出荷をオンタリオ、ブリティッシュ・コロンビア、アルバータ、マニトバ、ユーコン向けに成功裏に完了。

・Merger Groupの子会社で、メキシコ政府の主要な医薬品供給会社の1つであるPMI Mexicoと2つの戦略的契約を締結し、Valensの国際的拡大戦略を加速させた。本契約に基づき、ヴァレンス社はPMI社向けにCBD入り及び未入りのPredilifeプロバイオティクス製品を世界的に製造する。

・四半期末に続いて、ヴァレンス社は、以前に発表した32.3カナダドルの当社ユニットの買い取り式公募(以下、「公募」)を終了した。当社は、公募増資による収入を、北米における戦略的成長戦略の継続、運転資金の調達、および一般的な企業目的のために使用することを意図している。

<財務概要>
・2022年第1四半期の売上は2320万ドルで、2021年第4四半期比26.1%増となった。

・ヴァレンズは、2022年第1四半期末時点で2,020万ドルの現金および市場性のある証券を保有し、四半期末以降に3,230万ドルの総収入を調達した。

・調整後粗利益は、2021年第4四半期の630万ドル(売上の34.1%)に対して、2022年第1四半期は340万ドル(売上の14.6%)だった。

・調整後売上総利益の減少は、利益率の高いGreen Roads事業の売上貢献が減少し、利益率の低いB2B関係の売上貢献が増加するなど、売上構成の変化に起因している。また、調整後売上総利益は、B2Bチャネルを通じてより高価格の在庫を将来の需要に合わせるために収益化したこと、及び継続的なサプライチェーンの課題から生じる輸送費及び原材料費の上昇によりマイナスの影響を受けました。

・調整後 EBITDA(2) は、2021 年第 4 四半期の (1330) 万ドルに対し、2022 年第 1 四半期は (1760) 万ドルだった。

・調整後EBITDAの減少は、主に調整後粗利益率の低下と、シチズン・スタッシュの最初の全四半期の連結に伴う販管費の増加によるものである。四半期末以降、ヴァレンス社はシチズン・スタッシュ社への再編を発表し、一時費用の実現後、今後の四半期の調整後EBITDAにプラスの影響を与えると予想される。

・調整後 EBITDA の減少は、カナダにおける Versus および Contraband の発売、ならびにグリーンロードの 「Own the Day」ブランドキャンペーンおよびそれに関連するポートフォリオの再編に関連するマーケティン グ費用および広告宣伝費の増加にも起因している。

<主要業績指標と収益のガイダンス>

  • 2022年の主要目標
    ・ベイプ、エディブル、飲料でトップ5、フラワー製品でトップ10入りを目指し、カナダにおける成人向けレクリエーションの市場シェアを拡大する。

・2021年4月に買収したGreen Roadsプラットフォームを通じて、米国および国際市場における当社の潜在力を引き出する。

・コスト効率化、M&Aシナジーの実現、自動化とプロセスの標準化を組み合わせた「統合イニシアチブ」を通じて、事業の売上総利益率と販管費

・プロファイルを改善し、第4四半期までに調整後EBITDAをプラスにすることを目指する。

・調整後 EBITDA の改善、運転資本管理、非中核資産の収益化を通じてキャッシュ・バーンを抑制する。

・連邦規制のもとで許容される当社の米国THC戦略の展開。

  • Revenue & EBITDA Guidance 2023:
    ・最低売上高225百万カナダドル

・調整後EBITDAマージン10%以上

ヴァレンズ社について
ヴァレンズ社は、大麻消費者向け製品のリーディングカンパニーであり、カンナビノイドベースの製品の製造に関する重要な専門知識を持ち、大麻の恩恵を世界にもたらすことを使命としている。ヴァレンス社は、独自の大麻加工サービスと、最高クラスの製品開発、製造、大麻消費者向けパッケージ商品の商品化を提供している。ヴァレンス社の高品質な製品は、レクリエーション、健康・ウェルネス、医療の各消費者層向けに処方され、品質と製品のイノベーションに重点を置きながら、すべての大麻製品カテゴリーで提供されている。また、ヴァレンズ社は、子会社のグリーンロード社を通じて米国で幅広い種類のCBD製品を製造、流通、販売しており、子会社のヴァレンズ・オーストラリア社を通じて国際市場に薬用大麻製品を流通させている。世界中のブランドハウス、消費者向けパッケージ商品会社、認可を受けた大麻生産者との提携により、ヴァレンス社は進化する大麻消費者の嗜好に合わせて、多様な製品ポートフォリオを成長させ続けている。ヴァレンズラボを通じて、ヴァレンズはカナダで唯一のISO17025認定分析サービスラボで大麻の試験と研究開発の標準を打ち立てており、パートナーで科学界のリーダーであるサーモフィッシャーサイエンティフィックから「植物由来科学におけるセンターオブエクセレンス」と名付けられている。ヴァレンズ社の詳細については、http://www.thevalenscompany.comへ。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。