大麻・カンナビス企業/売上トップ40ー2020年5月


06/02/2020
アメリカとカナダの証券取引所に上場されているグリーンラッシュを牽引する大麻関連企業40社の四半期大麻売上げをカンナビストック・ジェーピーで円換算しランキング掲載している。

てんかん薬「エピディオレックス」を販売するGWファーマ(GW Pharma, NASDAQ:GWPH)の1位は変わらずだが、しばらく2位をキープしていたキャノピー・グロース(Canopy Growth Corporation, TSX:WEED, NYSE:CGC)が、5位に転落。先月10位のクレスコ・ラボ(Cresco Labs, CSE:CL, OTCQX:CRLBF)が6位にUPしている。

いずれの企業もコロナウィルスの影響は今回の決算に少なからず影響したようだが、決して悪い影響ばかりではなかったようだ。ただし、エフィリア(Aphria Inc, TSX:APHA, NYSE:APHA)などは次の決算予測を下方修正するなど、大麻株にもコロナウィルスの影響が少なからず出るであろうと予想されている。
23位のグリーン・グロース・ブランズ(Green Growth Brands Inc, CSE:GGB, OTCQB:GGBXF)は破産法の適用を申請しているが、それ以外にも今後コロナの影響による予測不可能な事態も発生してくるかもしれない。

大麻株 ランキング

<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です