Charlottes web

シャーロットウェブ、2020Q1決算を発表

05/24/2020
CBD優位なヘンプを中心に事業展開しているシャーロット・ウェブ(Charlotte’s Web Holdings, TSX:CWEB, OTCQX:CWBHF)は、2020年3月31日に終了した第1四半期の決算を発表した。

<ハイライト>
・既存事業の連結売上高は23.7億円($21.5M)、前年同期2019年第1四半期は23.9億円($21.7M)だった。

・販売利益16.5億円($15M)、連結売上高の69.8%を達成。

・調整後のEBITDA損失は6.3億円($5.7M)。

・消費者への直接販売となるeコマースの売上高は前年同期比29.4%増、第1四半期の売上高に占める割合は65.6%となった。

・2020年3月31日の現金58.3億円($53M)、運転資金126.4億円($114.9M)となっている。

・デヴィッド・パンターが、エステ・ローダー・カンパニーから最高執行責任者として参加。

・Abacus Health社を買収し、CBD外用剤と摂食性製品の両分野でリーダーシップを強化する意向を発表。

・64の大学・医療センターからなるSUNYネットワークの一翼を担うCW研の研究開発部門を発足。

・フルスペクトルヘンプエキスのGRAS(一般的に安全性が認められている)の自己認証を取得。

・NSFインターナショナルの栄養補助食品GMP(Good Manufacturing Practice)登録を取得。

・ペット商品でNASC認証を取得。

・全国初のペット用品量販店パートナーと契約し、出荷を開始。

・シャーロットのウェブ製品を販売する店舗数が11,000件を突破。

・J.P.モルガンから商業銀行業務の提供を受け、11億円($10M)の信用枠(2,000万ドルまで延長可能)を獲得。

シャーロット・ウェブの CEO であるディアニー・エルスナーは、
「第一四半期の売上高は、新しい技術プラットフォームと機能により、好調なEコマースの売上に牽引され、予想を上回るものとなりました。 運営面では COVID-19 による事業の中断はなく、リモートワーク環境にもうまく適応しています。戦略的には、F/D/M(Food/drug/mass)チャネルに対応するために、新しい外用剤、新しい価格設定、アバカス・ヘルス社の買収意向の発表など、いくつかの戦略を当四半期中に実施しました。また、ブレイクスルーイノベーションを推進し、より多くの科学とデータの必要性をサポートするためにCW Labsを立ち上げました。これらの動きはすべてのチャネルでお客様から好評を得ており、2020年に向けた計画を継続して実行しています。」
と述べています。

Source;
https://investors.charlottesweb.com/press-releases/press-release-details/2020/Charlottes-Web-Holdings-Reports-Q1-2020-Results/default.aspx


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です