Jushiホールディングス、1,000万ドルを私募債で調達

01/26/2022
ジュシ・ホールディングス:Jushi Holdings Inc.(CSE: JUSH) (OTCQX: JUSHF)は、グラティキュール・アセット・マネジメント・アジア(GAMA)に対し、2,717,392株の劣後議決権付き株式を1株あたり3.68米ドルの価格で非仲介型私募債としてを発行し、10,000,002.60米ドルの資金調達を完了したと発表。本募集の調達資金は、潜在的な戦略的買収および一般的な企業目的に使用される。2021年12月31日時点で、公募増資による資金を含むJushiのプロフォーマ現金残高は約1億400万米ドルだった。
ジム・カチョッポCEO・会長・創業者は、
「Jushiは、老舗の資産運用会社であるGAMA社から引き続き支援を受けていることに非常に勇気づけられています。GAMA社からの支援は、当社の差別化された企業戦略、業界をリードする既存事業売上高成長率、成人用に移行しつつある医療用州に活用されている地理的基盤、そして経営陣の強さを改めて示すものです。今回の投資は、当社の栽培・加工施設の拡張と、付加価値のある買収の継続的な追求をサポートするものです」
「最近の株式市場の変動を考えると、イリノイ州とオハイオ州での最近のライセンス発行や保留中の手続き、いくつかの破談やオークション、現在のパイプライン、そして不良債権を抱える企業の増加などにより、非常に多くの取引機会があると考えています。当社は、強力なバランスシートと、予想される設備投資計画を上回る現金を保有しており、戦略的拡大の機会を追求するための追加の資金調達手段を引き続き確保しています」
と述べ、
「さらに、当社の買収資金は、ネバダ州の取引が完了した場合のプロフォーマで、アコーディオン機能を含めて約6,300万米ドルの利用可能な資金となります。私たちは、資本配分に対する規律あるアプローチと、業界をリードするM&Aの実績が、事業を継続的に拡大していく中で、株主に大きな長期的価値をもたらすと確信しています」
と述べている。

Jushi Holdings Inc.について
業界をリードする経営陣に率いられた垂直統合型の大麻関連企業。米国では、オポチュニスティックな買収、ディストレストワークアウト、競争力のあるアプリケーションを通じて、ブランド力のある大麻資産の複数州にわたるポートフォリオの構築に注力している。Jushiは、大麻のエコシステムのあらゆるレベルで高品質の製品を提供しながら、株主価値の最大化に努めている。
詳しくは、jushico.comへ。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。