トゥルーリーブが売上105億円、前期比21%増となる好調な決算を発表

05/21/2020
フロリダを中心に大麻事業を展開するトゥルーリーブ( Trulieve Cannabis Corp, CSE:TRUL OTCQX:TCNNF)が、2020年3月末で締めた2020年Q1の決算を発表した。

<財務・事業ハイライト>

・記録的な売上105.7億円($96.1M)を達成し、前四半期比21%増となった。

・2020年第1四半期の調整後EBITDAは54.3億円($49.4M)となった。

・1株当たり利益(EPS)は0.12ドルを達成。

・GAAP調整マージンは77%達成。

・2020年3月31日現在の現金および現金同等物は110.9億円($100.8M)となり、強固なキャッシュ・ポジションを維持。

・当四半期中に「TruPowder」、「TruTincture drops」、「ground flower」などの新製品を発売。

・フロリダ州に3つの新店舗をオープンし、第1四半期終了時には全国47店舗となった。

・COVID-19に対応して、業界をリードする追加の対策を導入。

CEOであるキム・リバース氏は、
「当四半期、トゥルーリーブは、フロリダ州での市場シェアを継続的に拡大させ、献身的なチームとサプライチェーンの規模効率性により、製品に対する需要の増加にうまく対応することができたことから、並外れた業績を達成しました。 トゥルーリーブは重要なファンダメンタルズと財務規律を実行し、今四半期の市場シェアの拡大と相まってフリーキャッシュフローの黒字化に貢献し、バランスシートをさらに強化し、財務スチュワードシップの有効性を証明しました。 当社の財務基盤は、このような時代にますます重要性を増している有機的な成長イニシアチブと外部成長イニシアチブの両方をサポートするための柔軟性を提供することで、市場における当社の差別化を継続しています。」
と述べている。

Source;
https://investors.trulieve.com/news-releases/news-release-details/trulieve-reports-strong-operational-results-and-record-revenue


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です