Elixinol Revenue for Q2 2018

2019年度のアメリカでの大麻売上は1兆3200億円

12/30/2019
マリファナ・ビジネス・デイリーが毎年発行しているファクトブック”Marijuana Business Factbook 2019″ がアップデートされている。
それによると、2019年のアメリカでの大麻小売業の売上は、1兆3200億円($12Bn)となり、2018年の1兆円〜1兆1000億円($9Bn-$10Bn)から約35%の伸びが予想されている。
長期的予測としては、アメリカでの大麻小売業の売上は2023年には3兆円($28Bn)となる予定だ。
また、医療大麻市場は市場が成熟するにしたがって、規模の伸びは緩やかになると予測されている。

©️Marijuana Business Daily, 2019 Marijuana Business Factbook

このほか、ファクトブックのサマリーでは、大麻産業が市場に与えた経済効果として、売上予想に3.5のマルチプルを加え、産業全体では2019年には4兆円、2023年には10兆円規模の経済効果をもたらすとしている。これは大麻ショップやディスペンサリなどで$1消費すると、市や自治体に$2.5の経済効果をもたらすとして計算されている。

このほかにも興味深いチャートや数字が多く掲載されているので、興味のある人はまずはサマリーだけでもダウンロードしてみてはいかがだろうか。

https://mjbizdaily.com/factbook/
(右下の「DOWNLOAD EXECUTIVE SUMMARY」をクリックして必要事項を記入してください)


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です