アクリージ・ホールディングス、2022年Q2決算を発表

ハイライト
調整後EBITDA*は6四半期連続でプラスとなり、前四半期比20%改善。
2022年第2四半期は前年同期比39%増、前四半期比8%増の6,140万ドルと堅調な収益成長を継続


ニューヨーク 2022年8月8日 (GLOBE NEWSWIRE) – 米国で大麻栽培・小売施設を垂直統合的に複数州で運営するAcreage Holdings, Inc. (「Acreage」または「当社」) (CSE: ACRG.A.U, ACRG.B.U) (OTCQX: ACRHF, ACRDF) は本日、2022年6月末第2四半期(「2022年Q2」)の財務結果を報告する。


2022 年第 2 四半期の財務ハイライト
2022年第2四半期の連結売上高は6,140万ドルで、前年同期比39%増となった。
売上総利益率は、2022年第1四半期が52%、2021年第2四半期が54%であったのに対し、50%。
調整後EBITDAは、2022年第2四半期に1,040万ドル、2021年第2四半期に810万ドル、2022年第1四半期に860万ドル。2022 年第 2 四半期の連結売上高に対する調整後 EBITDAの比率は 16.9%だった。

2022 年第 2 四半期の業務ハイライト
ニュージャージー州で成人用大麻事業を開始した第一陣の1つで、ニュージャージー州南部の当社のEgg Harbor TownshipとWilliamstownの薬局で、The Botanistの各種製品が成人用として利用できるようになった。
ニューヨーク州シラキュースにある当社の栽培施設の第1期拡張工事が完了し、間近に迫った成人用医薬品販売の開始に備えるとともに、既存の医療用医薬品市場における卸売需要をさらにサポートする体制が整った。
オレゴン州メドフォードにある栽培・加工施設を総額2百万ドルで売却し、オレゴン州パウエルにある薬局を閉鎖した。
メイン州ブリュワーの調剤薬局を統合し、成人用医薬品に転換することにより、事業を強化。


後発事象
ニューヨーク州の厳しい微生物検査規制のもとでホールフラワーの販売を開始し、Acreageは同州で唯一、非浄化処理されたホールフラワーを市場に供給できる生産者のひとつとなる。
オレゴン州での事業を終了し、Cannabliss & Co.のブランド名でオレゴン州にある4つの小売薬局の売却を完了。


経営陣のコメント
AcreageのCEOであるPeter Caldiniは、
「第2四半期にニュージャージー州で成人用医薬品の販売を開始するという重要なマイルストーンを達成することができ、大変嬉しく思っている。また、この成長市場に対応するため、当社の栽培・卸売機能をさらに最適化する大きな機会があると考えている。私たちは、ニュージャージー州の栽培・加工事業の改善に真摯に取り組み、こじみた市場機会を生かせるよう努力している。」
「ニュージャージー州の追加貢献と、最近買収したオハイオ州の事業により、全体の収益は39%増加し、6四半期連続で調整後EBITDAがプラスとなった。この成功の実績は、当社の統制のとれた戦略が財務と営業成績の双方に強い影響を与えたことを引き続き示すものである。
当四半期末にオレゴン州での事業を終了したことにより、長期的な成長を促し、株主価値を向上させるための最良の機会と考えられる中核市場での開発を推進するため、より有利な立場に立つことができた。下半期は、ニュージャージー州でのプレゼンス強化に加え、ニューヨーク州やコネチカット州など、これら発展途上の北東部市場での成人用販売に向けた準備も進めていく」
と述べている。



2022年第2四半期 財務概要(単位:千ドル)
2022年第2四半期の総収入は6,140万ドルで、2021年第2四半期と比較して1,710万ドル(39%)の増加となった。前年同期比の増加は主に、オハイオ州での事業買収とニュージャージー州での成人向け販売の開始によるもので、売却目的で保有する事業内の減少によりいくらか相殺された。さらに、2022年第2四半期の総売上は、第1四半期と比較して450万ドル(8%)増加した。一方、中核事業とはみなされていないオレゴン州の事業を除くと、2022 年6月 30 日に終了した3ヵ月間 の売上は、売上にマイナスの影響を与えた業界の価格圧力に関連する課題を克服することができ、前四半期比で9%増加した。
2022 年第 2 四半期の総粗利益は 3060 万ドルで、増収により 2021 年第 2 四半期比で 670 万ドル(28%)増加した。2022 年第 2 四半期の総粗利益率は、規模の経済のさらなる拡大による効率化で全体的な販売価格の低下とインフレによるコスト増を相殺できなかったため、前年同期の 54%から 50%となった。
2022 年第 2 四半期の営業費用合計は、2021 年第 2 四半期から 330 万ドル(11%)減少し、2730 万ドルとなり ました。報酬および一般管理費の増加は、株式報酬費用、受取手形損失、減価償却費の削減により相殺された。
2022年第2四半期の調整後EBITDAは、2021年第2四半期の調整後EBITDA810万ドルから28%、2022年第1四半期の調整後EBITDA860万ドルから20%改善し、1040万ドルに増加した。アクリージが撤退する最終合意を結んだ市場と飲料やCBDなどの新興ベンチャーを除いた中核事業の調整後EBITDAは1090万ドルとなり、当社の中核市場は依然として非中核事業によるマイナスの影響を受けていることが分かる。2022年第2四半期の連結EBITDAは710万ドルで、前年同期の連結EBITDAは670万ドルだった。
2022 年第 2 四半期のアクリージ社に帰属する純損失は、2021 年第 2 四半期の(250 万ドル)に対し、(990 万ドル)だった。

貸借対照表及び流動性
アクリージは、2930万ドルの現金および現金同等物で当四半期を終えた。2022年6月30日現在、2021年第4四半期に締結したクレジット・ファシリティの下で1億ドルを引き出している。さらに50.0百万ドルは、特定の所定のマイルストーンが達成されれば、コミットメントされたアコーディオンオプションにより将来の期間において利用可能である。アクリージ社は、本クレジット・ファシリティの資金を、事業拡大、既存債務の返済、運転資金に充当する予定である。


Acreage Holdings, Inc.について
Acreageは、米国で大麻の栽培と小売りを行う複数の州をまたぐ企業であり、当社の全国小売店ブランド「The Botanist」もその一つである。ニューヨークに本社を置くAcreageは、受賞歴のあるThe Botanistブランド、クラフトブランドのSuperflux、Tweedブランド、ペンシルバニア州のPrime medicalブランド、イリノイ州のInnocentブランドなど、国内および地域で入手可能な大麻製品を幅広く取り扱っている。2011年の設立以来、消費者に焦点を当てたシームレスなブランド体験を実現するために、事業の構築と拡大に注力している。詳しくは、www.acreageholdings.com、Twitter、LinkedIn、Instagram、Facebookでフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。