クロノス・グループのQ2売上高は前四半期比8%減の2,310万ドル

ハイライト
2022年第2四半期の連結純収益は前年同期比48%増の2310万ドル
2022年第2四半期のイスラエル純収益は前年同期比212%増の720万ドル
THCVの株式マイルストーンの達成を発表


TORONTO, Aug 09, 2022 (GLOBE NEWSWIRE) – Cronos Group Inc. (NASDAQ: CRON) (TSX: CRON) (“Cronos” or the “Company”) は本日、2022年第2四半期の業績について発表した。


マイク・ゴレンスタイン(クロノス会長、社長兼CEOは、
「意思決定の効率化とサプライチェーン全体の機動性を高めるため、ブランドを軸とした事業の再編を進めていることを心強く思っている。カナダにおけるサプライチェーンの変革は非常に順調で、GrowCoは累計で黒字を達成し、この取り組みに着手したときに想定した業務効率化が実現し始めている。また、米国事業では、ヒーローSKUを優先する一方、成人向け製品フォーマットに傾注し、消費者向け直販チャネルに集中するよう、事業の再集中化を進めている。
米国事業の再配置の初期段階であるが、新しい戦略は、CBD以外のカンナビノイドや、規制が可能になれば米国のTHC市場でも活用できるブランドエクイティを維持しながら、収益を改善できると確信している。
私たちが事業を再編成するとき、私たちは差別化を促進するとわかっているもの、すなわち製品開発と長期的な焦点のイノベーションに引き続き焦点を当てます。私たちは、カナダの一部の市場でCBNベイプとグミを発売するなど、国境を越えたカンナビノイド製品のポートフォリオを拡大し続けており、Ginkgoとの提携によりTHCVの持分マイルストーンを達成しました。これらの生産性のマイルストーンを達成し続けることは、消費者体験を増幅し差別化する希少なカンナビノイドを用いたボーダーレス製品の創出に焦点を当てた当社のイノベーション・パイプラインに拍車をかけている。希少なカンナビノイドの活用に重点を置き、カナダではグミのカテゴリーで私たちのアプローチの成功をご覧になっている。私たちは、この同じ戦略を適用して、VAPEやプレロールなど他のカテゴリーで勝利するつもりである」
と述べている。


2022年第2四半期

売上高
2021年第2四半期から740万ドル増加し、2310万ドルとなった。前年同期比の増加は主に、イスラエルの医療用市場とカナダの成人用市場の成長により、その他の地域(以下、ROW)セグメントの純収入が増加したことに起因している。

売上総利益
410 万ドルで、2021 年第 2 四半期から 1,990 万ドル改善した。前年同期からの改善は主に、当期に在庫評価損が発生しなかったこと、主に大麻の花の販売によるROWセグメントの増収、他の製品カテゴリーよりも粗利益および粗利益率が高い大麻エキス製品の好配合、および大麻バイオマスのコスト低下によるものであった。ピースナチュラルズキャンパスからの撤退に伴うワインドダウン活動のタイミングによる固定費吸収の減少により、一部相殺された。

調整後EBITDA
2021年第2四半期から3100万ドル改善し、(1880)万ドルとなった。前年同期比の改善は主に、売上総利益の改善と、当社の戦略的再編(以下、「再編」)の結果、販売・マーケティング費および一般管理費が減少したことによるものである。

資本支出は、ほぼ横ばいの190万ドルだった。

事業に関するアップデート
戦略的・組織的なアップデート
2022 年第 2 四半期、当社は、当社の事業再編の一環として米国事業を評価した後、ダイレクト・トゥ・コンシューマ ー・チャネルにおける成人向け製品フォーマットにポートフォリオを集中させるため、卸売美容カテゴリーから段階 的に撤退を開始した。その結果、事業構造と新戦略の整合性を高めるために、米国における営業及びマーケティングの人 員を削減した。米国事業の再編及びその他新たに認識した費用削減の機会により、当年度において、この再編に関連して約 640 万米ドルの費用を見込んでおり、前回発表した 580 万米ドルから増加した。
また、情報技術システムの近代化及び物流機能の構築のために、約 220 万米ドルの資本支出を見込んでいる。2022 年6月 30 日現在、関連する資本的支出は 0.3 百万ドルである。2022 年下半期にかけて移行を進める中で、当社は、再編の一環として予想される資本的支出の大部分が発生し始めると見込んでいる。

ブランド及び製品ポートフォリオ
2022 年第 2 四半期、Spinach® はカナダのエディブルカテゴリーで有機的に市場シェアを拡大し続けました。ヒファイヤー社のデータによると、カナダ国内のエディブルカテゴリーにおけるホウレンソウ®の市場シェアは約14.3%で、2022年第2四半期にはグミカテゴリーで約18.6%に拡大する。さらに、2022年第2四半期には、SOURZ by Spinach™グミ4種類のうち3種類がカナダ国内の市場シェアトップ10にランクインし、SOURZ by Spinach™とSpinach FEELZ™を合わせたグミ全5種類が同期間のトップ15にランクインしている。
第2四半期における製品の力強い成長と需要は、O’Cannabiz Conference & Expoのピープルズチョイス部門でSOURZ by Spinach™ブランドが「Favorite Edible Product」を受賞したことで頂点に達した。
第2四半期に続き、2022年7月と8月に、当社はカンナビノール(「CBN」)を特徴とする2つの希少カンナビノイド製品をカナダの一部の市場で発売し、時間をかけてカナダ全土に拡大することを意図している。1つ目は、Spinach FEELZ™ブランドのCBNをフィーチャーしたグミ、Deep Dreamz Blueberry Pomegranate (2:1 THC|CBN) で、1パックあたりTHC 10mgとCBN 5mgのグミを2個搭載している。CBNに特化したグミの追加は、当社のボーダーレスな希少カンナビノイドのポートフォリオと受賞歴のあるグミのプラットフォームをさらに強化するものである。さらに、当社はCBNグミの発売を補完する形で、ベイプカテゴリーの製品であるSpinach FEELZ™ Deep Dreamz Blackberry Kush (7:1 THC|CBN) 1-gramベイプを発表した。

知的財産への取り組み
2022年6月、クロノスは、Ginkgo Bioworks Holdings, Inc. (NYSE:DNA) (以下、イチョウ)との戦略的パートナーシップ(以下、イチョウ戦略的パートナーシップ)において、テトラヒドロカナビバリン(以下、THCV)の最終生産目標達成を発表した。THCVは、THCの食欲増進作用を低減させるという仮説が立てられている。当社は、THCVがもたらす可能性に期待するとともに、希少なカンナビノイドを用いたより多くの製品を市場に投入することを楽しみにしている。

グローバルサプライチェーン
2022年第2四半期、クロノス・グローイング・カンパニー社(以下、クロノス・グローコ)は、当社への販売を除くライセンス生産者への未監査の純収入を約520万ドルと当社に報告した。2022年6月30日時点の未監査の年間累計業績速報によると、クロノス・グローコは収益性を達成し、卸売顧客基盤を構築し続け、カナダの大麻サプライチェーンに有意義に貢献する存在になりつつあるとのことである。大規模農業生産者が栽培の勝者になるというのがクロノスの信念だったが、これが実現する兆しが早くも見えてきた。

人事
当社は、2021年11月から暫定的に研究開発責任者を務めていたアーリー・ワイゲンスバーグを、2022年8月に研究開発責任者のシニアバイスプレジデントに任命した。ヴァイゲンスバーグ氏は、暫定的な研究開発責任者を務める以前は、クロノス・リサーチ・ラボの研究・技術部門のゼネラルマネージャー兼バイスプレジデントを務めていた。当社入社以前、Weigensberg 氏は Altria Israel Ltd(アルトリアの研究開発拠点)の CEO を務めていた。クロノス入社以来、ワイゲンズバーグは、当社の希少カンナビノイド研究の範囲を拡大し、差別化された大麻製品のための新しい戦略を構築する研究能力を向上させる基礎的な役割を担っている。


その他の地域の業績
CronosのROW報告セグメントには、米国以外のすべての市場の事業結果が含まれている。
2022年第2四半期2022年第2四半期の純収入は、2021年第2四半期から820万ドル増加し、2160万ドルとなった。前年同期比の増加は、主に大麻の花カテゴリーに起因するイスラエルの医療市場および主に大麻エキス製品に起因するカナダの成人用市場での純収益の増加によるものである。

2022年第2四半期の売上総利益は430万ドルで、2021年第2四半期から2080万ドル改善した。前年同期からの改善は主に、当期に在庫評価損が発生しなかったこと、大麻の花の収益が増加したこと、他の製品カテゴリーよりも粗利益および粗利益率が高い大麻エキス製品を追加導入したこと、クロノス・グローコとの合弁事業をさらに活用することで大麻バイオマス費用が減少したことによるものである。ピースナチュラルズキャンパスからの撤退に伴うウィンドダウン活動のタイミングによる固定費吸収の減少により一部相殺された。


米国での業績
クロノスの米国報告セグメントには、米国内の全ブランドおよび製品に関する当社の業績が含まれている。
2022年第2四半期
2022年第2四半期の純収益は150万ドルで、2021年第2四半期から0.8百万ドル減少した。前年同期比での減少は、主に、米国セグメントに関する事業再編の実施にともなう販促費の減少及びSKU合理化努力の結果、販売数量が減少したことによるものである。
2022 年第2四半期の売上総利益は、2021 年第2四半期から 80 万ドル減少して、(0.2)百万ドルとなった。前年同期比での減少は、主に、販売数量の減少及び在庫引当金の増加によるものである。

電話会議
当社は、2022 年第2四半期業績について、米国東部時間 8 月 9 日(火)午前 8 時 30 分より電話会議及びライブ音声ウェブキャストを開催する。電話会議の音声は、当社ウェブサイト上にアーカイブされ、再生することができる。ライブ音声ウェブキャストの方法は、当社ウェブサイト(https://ir.thecronosgroup.com/events-presentations)でご案内している。
クロノス社について
クロノスは、大麻の研究、技術、製品開発を推進し、破壊的な知的財産の構築に取り組む革新的な世界的カンナビノイド企業である。消費者体験を責任を持って向上させるという情熱を持って、クロノスは象徴的なブランド・ポートフォリオを構築している。クロノスの多様な国際的ブランド・ポートフォリオには、Spinach®、PEACE NATURALS®、Lord Jones®、Happy Dance®、PEACE+®などがある。クロノスとそのブランドの詳細については、thecronosgroup.comをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。