キャノピー・グロースがカナダのコンビニ最大手と業務提携

02/21/2019
垂直統合型カンナビス企業大手のキャノピー・グロース(Canopy Growth Corporation, TSX:WEED, NYSE: CGC)とカナダのコンビニ大手アリメンテーション・カウチタード(Alimentation Couche-Tard Inc, TSX:ATD.A) は、業務提携したことを発表した。
この新たに結成された戦略的パートナーシップによって、アリメンテーション・カウチタードはオンタリオ州ロンドン市でキャノピーの持つツイードブランドのカンナビス製品を販売することが可能となる。
この提携を通じて、アリメンテーション・カウチタードはキャノピー・グロースの持つ大麻知識を活用し、他の年齢制限のある製品販売の経験を活かして、大麻の安全で責任ある合法的な販売に力を入れていくとのこと。

アリメンテーション・カウチタードのブライアン・ハナッシュCEOは、
「カナダの主要マーケットでカンナビス販売のリーダーシップを執れることを非常に嬉しく思います。オンタリオ州立のカンナビスショップと個人経営のショップは厳しく規制された枠組みの中で、公共の安全と健康を守るという共通の目的において共存できると信じております。」
と述べている。

キャノピー・グロースのマーク・ゼクリンCEOは、
「業界トップのグローバル企業であるアリメンテーション・カウチタードと提携し、我々の高品位なカンナビスブランドをオンタリオ州ロンドン市の人々に届けられることを誇りに思います。我々のブランドというのは、お客様が大麻の摂取経験が有ろうと無かろうと、最適な商品を提案できるブランドであるということと同意義です。」
と述べている。

新規店舗は4月にオープン予定で、ソフトジェル、カンナビスオイル、乾燥花など、消費者の多様なニーズに合わせた商品ラインナップを用意するとのこと。

アリメンテーション・カウチタードは、カナダ最大のコンビニチェーンで、アメリカでは独立系コンビニチェーンでは店舗数で最大手となり、ヨーロッパではコンビニチェーンとガソリンスタンドとして有名。
北米だけで1万店舗近いコンビニ店を抱え、8700店舗近くはガソリンスタンドと併設されている。

Original Source;
https://www.canopygrowth.com/investors/news-releases/alimentation-couche-tard-and-canopy-launch-cannabis-retail-brand-ontario/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。