aurora and alcanna sign agreement

オーロラ・カンナビスが買収額246億円で南米のICCラボ買収を完了

11/24/2018
カナダのオーロラ・カンナビス(Aurora Cannabis Inc, NYSE: ACB, TSX: ACB)はウルグアイとコロンビアで大麻事業を展開しているICCラボ(ICC Labs Inc, TSX-V: ICC)の買収が完了したことを発表した。
買収額は約246億円(C$290M)でICCの発行済株式全株を獲得する。ICCのTSX-V市場での株式はこの買収を受けてリストから除外される予定だ。
今回の買収はオーロラのメキシコやカリブ諸国を含む中南米・人口6.5億人市場での優位性を引き立たせることとなる。
ウルグアイとコロンビアに拠点を持つICCラボだが、ローコストで高品位な大麻製品をGMP準拠の生産施設からプロデュースしており、南米だけでなく世界にアピールできる製品を生産している。

オーロラ・カンナビスのテリー・ブースCEOは、
「国際的な成長を目指すオーロラとICCの企業統合は、オーロラを6.5億人超の人口を抱えるラテンアメリカの市場リーダーとして位置づけることでしょう。ICCは低コストかつ高品質な生産能力を有しているだけでなく、ラテンアメリカでは初めてGMPに準拠した抽出施設を完成しており、マージンの高いCBDベースの製品を世界のカンナビス市場と健康関連商品市場にグローバルに供給する上で重要な役割を果たします。
ICCとオーロラは、製品ポートフォリオの開発を加速し、グローバル大麻産業として大きなチャンスを生かすための広範な流通経路構築を加速します。」
と語っている。

Original Source;
https://investor.auroramj.com/#

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です