aurora and alcanna sign agreement

オーロラ・カンナビスとラディエントがバイオマス産カンナビノイド精製に成功

05/13/2019
垂直統合型大麻企業のオーロラ・カンナビス(Aurora Cannabis Inc, NYSE:ACB, TSX: ACB)は、ラディエント・テクノロジーズ(Radient Technologies Inc,TSX-V:RTI, OTCQX:RDDTF)がバイオマスで生産した最初の商業用カンナビノイド派生物を受領したことを発表した。これによってラディエント・テクノロジーズは商業規模でカンナビノイド派生物を生産できることを証明し、今後カナダ・エドモントンで生産拡大し、最終的には300,000kgのカンナビス・バイオマスを構築することとなる。

ラディエント・テクノロジーズとオーロラ・カンナビスは2017年にジョイントベンチャーを設立し、ラディエントが持つMAPTMと呼ばれるカンナビノイド抽出技術が商業規模で成立するかをリサーチしていた。
オーロラにとってラディエント・テクノロジーズがこの技術を確立することは、派生製品戦略にとって非常に重要であり、有利なコスト優位性、利益の押し上げ、そしてカンナビノイド抽出能力の大幅な向上をもたらすこととなる。

今回、乾燥した大麻バイオマスの商業規模のバッチは、ラディエントの抽出プラットフォームで連続的に24時間以内に完全に処理され精製された。
ラディエントのテクノロジープラットフォームは、植物バイオマスを利用してカンナビノイドの高い抽出効率と大量処理量のために設計されており、オーロラ・カンナビスは幅広い派生商品を提供するうえでコストと量の面で有利になるだろう。
エドモントンにあるラディエントのヘンプ施設は、年間約3,200,000kgの大麻バイオマスを処理することが可能となる予定で、施工工事のフェーズ1は2019年の第3四半期に完了する予定とのこと。

Source;
https://investor.auroramj.com/#

—————————
<<新刊発売のお知らせ>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

関連記事

激しい”売り-Sell Off-”にあうカンナビスセクター... 10/30/2018 ダウ、NASDAQ、S&Pも軒並み下げている株式相場だが、カンナビスセクターはその下げ以上に激しい”売り-Sell-Off-”に見舞われている。 マリファナインデックスの数字を見ても10月15日時点で350ドルだったものが本日は228ドルと約35%の下げとなっており、今年1...
大麻関連企業・先週のまとめ(9/24-28 2018)... 10/01/2018 『オーロラ・カンナビス、好調な決算結果を発表』 オーロラ・カンナビス(Aurora Cannabis Inc, TSX: ACB, OTCQB: ACBFF) 先週第4四半期と通期の決算結果を発表したオーロラ・カンナビス。コカコーラとの提携観測も流れたオーロラだったが...
大麻関連企業・先週のまとめ(9/17-21 2018)... 09/23/2018 『ティルレイ 一時$300のストップ高』 ティルレイ( Tilray, Inc, NASDAQ: TLRY) (9/17 始値$117.14--9/19 高値$300.00--9/21 終値$123.00) 先週頭に大きく高値を伸ばしたティルレイ。一時$300にも達した...
大麻・カンナビス企業/売上トップ50ー2019年4月... 04/30/2019 アメリカとカナダの証券取引所に上場されている大麻関連企業50社の四半期売上げをカンナビストック・ジェーピーで円換算しランキング掲載しております。 平成最後となる4月末での売上ランキングだが、上位企業の順位は細かな変動あるものの大きくそのメンツは変わっていないようだ。 ...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です