aurora and alcanna sign agreement

オーロラ・カンナビス前年同期比305%UPとなる売上53.6億円を記録

05/15/2019
垂直統合型大麻企業大手のオーロラ・カンナビス(Aurora Cannabis Inc, NYSE:ACB, TSX:ACB)が2019年第3四半期決算を発表した。

<決算ハイライト>

・売上が53.6億円(C$65M)となり、前年同期比305%UPとなった。

・引き続き全ての市場セグメントで持続的な成長をしており、前期比で、カナダの医療大麻市場8%up、カナダ娯楽大麻市場37%up、海外の医療大麻市場40%upとなっている。

・医療大麻患者数も引き続き増加傾向で、前期から5%upの77,138人となっており、このリリース(5/14)時点では82,745人と7%を超える増加を示し、今後の供給量UPととも引き続き増加すると考えられる。

・1グラムあたりの生産現金コストは26%減少し$1.42となり、栽培生産施設Aurora Skyの稼働が本格的にコスト削減に寄与してきている。

・大麻生産量は前期より99%upの15.950kgとなり、前年同期比では1200%UPとなる。

・販管費は緩やかな増加(1%)の増加を示したが、これはオーロラの継続的なコストマネジメントの努力の賜物とのこと。

・1グラム当たりの平均販売価格は、プロダクトミックス戦略の影響(卸売の増加)、純売上高の18%を占める抽出物製品の製造能力が限られていたこと、および医療大麻に対してかかった物品税の影響によりわずかに減少。

・事業の拡大に伴い2019年第4四半期にEBITDAをプラスにするため、追跡的に改善を行なった結果、調整後EBITDA損失は20%改善して30億円(C$36.6M)となった。

・2019年1月に、380億円($345M)の転換社債の提供を完了。調達資金はカナダおよび国際的な成長ペースを継続するために使用される。IFRS会計基準では、これらの債券のデリバティブ部分について各期末に時価評価調整が必要なため、社債発行後の株価上昇により、2019年第3四半期の損益計算書に84億円((C$102M)の非現金公正価値損失を計上した。

<大麻栽培施設アップデート>

・Aurora Skyは建設完了し、すべての大麻育成室はカナダ保健省によって認可されている。フル稼働がすでに可能になっており、Aurora Skyは年間100,000 kg以上の生産キャパで運営中。

・Bradfordの大麻育成室はカナダ保健省によって認可されており、施設内全ての育成室で大麻が栽培されている。この施設は、EU-GMP認証を取得するための監査を受けているが大きな注意点などは受けていない。この証明書を取得すると、ヨーロッパ市場への製品出荷能力が大幅に向上する。

・Aurora Nordic1での最初の販売可能な収穫は、2019年度第4四半期末までになされると予定されており、製品販売は2019年12月に予定されている。すでにテストとライセンス取得目的での初期収穫は正常に完了している。

・Aurora Sunの建設は順調に進んでおり、施設は2020年半ばまでに大麻栽培の準備が整うと予想されている。また、当初計画されていたサイズから33%の増床を反映して、施設面積は162万平方フィートとなる。

<その他事業ハイライト>

・ウィスラーメディカルマリファナコーポレーション(Whistler Medical Marijuana Corporation)の買収
2019年3月1日、カナダの医療市場と消費市場の両方で自社製品に多大な利益をもたらす、象徴的なカナダのオーガニック大麻ブランド、ウィスラーを買収。現在ウィスラーの事業を拡大しており、本年度中に販売可能な製品の増加を見込んでいる。

・ヘンプコ・フードアンド・ファイバー社(Hempco Food and Fiber Inc)の買収
2019年4月16日、当社はヘンプコとの間で発行済株式の全株式を取得するための書簡契約を締結。この買収により、産業用ヘンプおよびヘンプ由来CBD製造のインフラが強化される。

・ケミ・ファーマシューティカルズ社(Chemi Pharmaceuticals Inc.)の買収
2019年4月24日、オンタリオ州に本拠を置く製薬および大麻業界向けの高品質分析サービスを専門とする研究所、ケミを買収。この買収は、大麻由来の派生商品に関する分析強化を目的としている。

・ドイツへの医療大麻輸出に関して入札案件を獲得。今後ドイツで大麻生産を開始し、2020年にはドイツ国内で販売する予定。

・2019年2月11日、イギリスへ初となるカンナビスオイルの輸出を完了。

・2019年2月、ポルトガルでガイア・ファーム(Gaia Pharm Lda)を買収し、現地法人(Aurora Portugal Lda)を設立。現在EU-GMP準拠の生産施設を建設中。

・2019年3月、ドイツの薬局へカンナビスオイルの販売を完了。オーロラのフルスペクトラムの大麻オイルは、現在市場にある合成カンナビノイドと明確な差別化をもたらすと考えている。

Source;
https://investor.auroramj.com/#

—————————
<<新刊発売のお知らせ>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です