Khiron Life Sciences Colombia

カナダの大麻オペレーター、フラワー(Flowr)がナスダック上場へ

05/24/2019
トロントに本拠地を置き、大麻栽培、販売免許を持つフラワー・コーポレーション(The Flowr Corporation (TSXV: FLWR; OTC: FLWPF)が、ナスダック市場への上場申請が受理されたことを発表した。
取引開始日は現状発表されていないが、連邦証券取引委員会へのForm40-Fが登録され次第取引が開始される予定だ。ティッカーシンボルは”FLWR”となる予定で、現在TSX-V市場で取引されている普通株はそのまま取引が継続される。

ヴィニャイ・トリアCEOは、
「2019年も我々の戦略的事業展開において多大なる進歩を遂げて来た当社ですが、ナスダックへの上場は我々の資本拡充の目的を果たすだけなく、世界の投資家の皆さんの参加を促し、我々Flowrの成長を後押しするものになるでしょう。本年終盤には、ケロウナ・キャンパスにおける屋内大麻栽培施設であるケロウナ1施設が完成する予定です。また同時に世界戦略の遂行をホリガン・ホールディングスとパートナーシップを結ぶんで行うことを予定しております。」

フラワー・コーポレーションは、カナダ・トロントに本拠地を持ち、ケロウナ地区のGMP準拠の施設で大麻栽培・製造を行なっている。娯楽大麻市場だけでなく、医療カンナビスを必要とする傷病者に高品質なカンナビス製品を供給している。

Source;
https://flowr.ca/2019/05/23/flowr-receives-nasdaq-listing-approval/

—————————
<<新刊発売のお知らせ>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

関連記事

薬剤師が牽引するヴィレオ・ヘルスがカナダ証券取引所に上場... 03/20/2019 大麻に関する専門知識を有する薬剤師が中心となり、高品位なカンナビス製品を自社流通とサードパーティに展開するヴィレオ・ヘルス(Vireo Health International Inc)が本日3/10よりカナダ証券取引所(CSE)で取引開始となったことを発表した。 ティッカ...
統合したグリーン・グロース・ブランズがCSEに11月13日上場... 11/09/2018 先日大型の資金調達を完了したばかりのグリーン・グロース・ブランズ(Green Growth Brands)は既報の通りザンシック・バイオファーマ(Xanthic Biopharma Inc, CSE: xTHC)と統合を完了。ザンシックは2019年第1四半期まではザンシックの...
大麻投資会社のBANGI(ボンジー)がコンパス・バイオテクノロジーを買収... 11/26/2018 BANGIとはアフリカのスワヒリ語で大麻を指す言葉とのことで、ボンジー・インベストメンツ(Bangi Investments, LLC)は今後、栽培施設やリテイルショップの開設においても常に多大な作業が発生する大麻産業用不動産業に特化して企業買収や事業を推進していくとのこと。...
大麻ベポライザー販売のグリーンレーンがナスダック上場へ... 03/20/2019 プレミアムな大麻ベポライザー製品や関連アクセサリを主にディスペンサリーやスモークショップに販売するグリーンレーン・ホールディングス(Greenlane Holdings, Inc)が、ナスダックへのIPOのためForm S-1を申請したことを発表した。 コーウェン&カンパニ...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です