ティルレイ・ポルトガルがEU-GMP取得しEUへの拡大戦略を推進

05/23/2019
垂直統合型大麻企業のティルレイ(Tilray, Inc, NASDAQ:TLRY)は、子会社であるティルレイ・ポルトガル(Tilray Portugal Unipessoal Lda)のカンタンヘーデにあるバイオカント・パーク施設が、EU医薬局からGMPを取得したことを発表した。
これによって、ティルレイ・ポルトガルはGMP認証済みの乾燥大麻を医薬品向け原料として製造し輸出することが可能となる。

ティルレイはこれまでドイツやEU諸国の主要な薬局と販売チャネル構築の協議を進めてきているが、今回の認証取得はティルレイにとって、ドイツやEU諸国への商品供給を後押しするだけでなく、EU以外の世界市場にもEU-GMP認証ということでマーケットを拡大していくことに繋がるだろう。

ティルレイ・ポルトガルの大麻製造施設は、屋外、屋内、温室の栽培設備があり、そこでのリサーチや品質管理、抽出作業やパッケージングができるようになっている。またそこから医療用カンナビノイドを含む製品の出荷も可能となっている。
ティルレイはこの施設に約2,000万ユーロを投資しており、合計約25万平方フィートの施設面積を誇る。この施設はまた、ヨーロッパ全土でのティレイの臨床研究および製品開発の取り組みを支えるハブとしても機能する。ティルレイEUキャンパスは現在100人以上の従業員を雇用しており、その数は2019年末までに倍増すると予想されており、今後数カ月で生産量の増加、複数の収穫が予想されている。

Source;
https://ir.tilray.com/news-releases/news-release-details/tilrayr-boosts-international-export-capacity-manufacturing

—————————
<<新刊発売のお知らせ>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です